FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七難

七難日經言少陽之至乍大乍小乍短乍長陽明之至浮大而短太陽之至洪大而長太陰之至緊大而長少陰之至緊細而微厥陰之至沈短而敦
此六者是平脈邪将病脈耶
然皆王脉也
其気以何月各王幾日
然冬至之後得甲子少陽王復得甲子陽明王復得甲子太陽王復得甲子太陰王復得甲子少陰王復得甲子厥陰王
王各六十日六々三百六十日以成一歳
此三陰三陽之旺時日之大要也



(自分なりの訳です。)
少陽の時期は、ある時は大、ある時は小、ある時は短、ある時は長、という脈状です。
陽明の時期は、浮大にして短の脈状です。
太陽の時期は、洪大にして長の脈状です。
太陰の時期は、緊大にして長の脈状です。
少陰の時期は、緊細にして微の脈状です。
厥陰の時期は、沈短にして敦の脈状です。
これらの六つの脈は健康な人の脈なのか、病人の脈なのか。
それは、全て旺脈です。
三陰三陽の気はどの月に旺気するのか、またそれは何日間になりますか。
それは、
少陽の気が旺じるのは冬至の後の甲子から次の甲子までである。
陽明の気が旺じるのは甲子から六十日間です。
太陽の気が旺じるのは甲子から六十日間です。
太陰の気が旺じるのは甲子から六十日間です。
少陰の気が旺じるのは甲子から六十日間です。
厥陰の気が旺じるのは甲子から六十日間です。
それぞれの気が旺じるのは六十日間づつあり、六六、三百六十日で1年となる。
これが三陰三陽の気が旺じる時期の説明です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。