FC2ブログ

四難

四難曰脉有陰陽之法何謂也
然呼出心與肺吸入腎與肝呼吸之間脾受穀味也其脉在中
浮者陽也沈者陰也故曰陰陽也
心肺倶浮何以別之然浮而大散者心也浮而短濇者肺也腎肝倶沈何以別之然牢而長者肝也按之濡擧指來實者腎也脾者中州故其脉在中是陰陽之法也
脉有一陰一陽一陰二陽一陰三陽有一陽一陰一陽二陰一陽三陰如此之言寸口有六脉倶動也
然此言者非有六脉倶動也謂浮沈長短滑濇也
浮者陽也滑者陽也長者陽也沈者陰也短者陰也濇者陰也
所謂一陰一陽謂脉來沈而滑也一陰二陽者謂脉來沈滑而長一陰三陽謂脉來浮滑而長時一沈也
所言一陽一陰者謂脉來浮而濇也一陽二陰者謂脉來長而沈濇也一陽三陰謂脉來沈濇而短時一浮也
各以其經所在名病逆順也



(自分なりの訳です。)
脈に陰陽の法則があるとはどういうことなのか。

それは、
呼気は心と肺によって出され、吸気は肝と腎によって入ってくる。
呼吸の間に脾は穀を受ける。其の脈の位置は中(中脈)に在る。
浮いた脈は陽であり、沈んだ脈は陰です。なので陰陽と言うのです。
心と肺の脈は共に浮いているが、どう区別するのか。
それは浮いていて大きく散るような脈は心です。浮いていて短く渋る脈は肺です。
腎と肝の脈はともに沈んでいるが、どう区別するのか。
沈んでいて牢(沈にして実大長)なのが肝(沈んでいて、大きく力があり、滑らかで指に溢れるような長い脈)
少し強く按じてみると濡(軟らかい脈)であるが、そこから少し浮かしてやると実して力あるものが腎である。
脾は中州のようなもので、中脈にある。
これが陰陽の法則である。
脈には一陰一陽、一陰二陽、一陰三陽、一陽一陰、一陽二陰、一陽三陰とあるが六種類の脈状は一緒に表れるのか。
それは、六つの脈が一緒に動くのではありません。浮沈、長短、滑濇というかたちがあります。
浮脈、滑脈、長脈は陽です。沈脈、短脈、濇脈は陰です。
一陰一陽の脈は沈脈で滑らかなものです。
一陰二陽の脈は沈脈に滑と長が組み合わさった脈です。
一陰三陽の脈は浮滑長の脈の中に時折沈脈を現すものです。
一陽一陰の脈は浮脈で濇脈が合わさったものです。
一陽二陰の脈は(ここの原文は誤りみたいです)(おそらく正しくは)浮濇で短の脈になる。
一陽三陰の脈は浮脈が隠れて時折表れるが常には沈濇で短の陰の強い脈である。
それぞれの脈と経絡をむすびつけてその病が治し易いかそうでないかを知るのである。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR