FC2ブログ

三難

三難日脉有大過有不及有陰陽相乗有覆有溢有関有格何謂也
然關之前者陽之動也脉當見九分而浮過者法曰大過減者法曰不及
遂上魚爲溢爲外關内格此陰乗之脉也
關以後者陰之動也脉當見一寸而沈過者法曰大過減者法曰不及
遂入尺爲覆爲内關外格此陽乗之脉也
故曰覆溢
是其真蔵之脉人不病而死也



(自分なりの訳です。)
脈に大過や不及、陰陽相乗、覆、溢、関、格があるが、どういうことか。

それは、関の前は陽の部分の脈が表れています。九分の所で脈を診ます。浮き過ぎてるものを大過と言い浮いてなくて少ないものを不及と言います。
脈が魚際まで上がってきて溢れたような状態なのは、外関内格といいます。これは陰乗の脈といいます。陰が強くて陽が押されている状態。
関よりも後の部分が陰の脈が現れているところです。一寸の所で沈んでいます。これが(一寸を超えるほどに)大きすぎると大過といい、(一寸よりも)小さいものを不及といいます。
脈が尺の部分を越えて尺沢の方に伸びているのを覆といいます。内関外格といい、陽乗の脈です。陽が強くて陰が押されている状態。
そのため覆溢といいます。
これを真蔵の脈といい、病がなくても死ぬことになります。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR