FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難経〈81〉

八十一難日。
経言。
無実実虚虚。
損不足而益有余。
是寸口脈耶。
將病自有虚実耶。
其損益奈何。
然。
是病非謂寸口脈也。
謂病自有虚実也。
仮令肝実而肺虚。肝者木也。肺者金也。
金木当更相平。
当知金平木。
仮令肺実而肝虚微少気。用鍼不補其肝。
而反重実其肺。
故日実実虚虚。
損不足而益有余。
此者中工之所害也。



八十一の難に曰く。
経に言う。
実を実し、虚を虚し、
不足を損じ有余を益すこと無かれとは。
是寸口の脈なりや、
將た病自ら虚実ありや、
其の損益奈何。
然るなり。
寸口の脈を謂うにあらざるなり。
病自らの虚実あるを謂うなり。
仮令ば肝実して肺虚す、肝は木なり、肺は金なり、
金木当に更々相平ぐべし、
当に金木を平ぐことを知るべし。
仮令ば肺実して肝虚す、微少の気、鍼を用いて其の肝を補ずして、
反って重ねて其の肺を実す。
故に実を実し、虚を虚し、不足を損じ有余を益すと日う。
此れ中工の害する所なり。


この文章はゆっくり堂鍼灸院・山口一誠先生の難経ポイントを参考にしています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。