FC2ブログ

難経(79)

七十九難日。
経言。
迎而奪之。安得無虚。
随而済之。安得無実。
虚之与実。若得若失。
実之与虚。若有若無。何謂也。
然。
迎而奪之者。瀉其子也。
随而済之者。補其母也。
仮令心病。瀉手心主兪。是謂迎而奪之者也。
補手心主井。是謂随而済之者也。
所謂実之与虚者。牢濡之意也。
気来実牢者為得。濡虚者為失。故日若得若失也。



七十九の難に曰く。
経に言う。
迎えて之を奪わば、安虚なきことを得ん、
随って之を済わば、安実なきことを得ん。
虚と実とは、得るが若く、失が若し。
実と虚とは、得るが若く、失が若し。
何の謂ぞや。
然るなり。
迎えて之を奪うとは、其の子を瀉するなり。
随って之を済うとは、其の母を補うなり。
仮令えば心病は、手の心主の兪を瀉す、是れ謂る随って之を済うものなり。
いわゆる実と虚とは、牢濡の意なり。
気来ること、実牢なるものを得るとなし、濡虚なるものを失となす。
故に曰く、得るが若く、失が若しと。


この文章はゆっくり堂鍼灸院・山口一誠先生の難経ポイントを参考にしています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR