FC2ブログ

難経(78)

七十八難日。
鍼有補瀉。何謂也。
然。
補瀉之法。非必呼吸出内鍼也。
知為鍼者。信其左。不知為鍼者。信其右。
当刺之時。必先以左手。厭按所鍼栄兪之処。弾而努之。爪而下之。
其気之来。如動脈之状。順鍼而刺之。
得気因推而内之。是謂補。
動而伸之。是謂瀉。
不得気。乃与男外女内。
不得気。是謂十死不治也。



七十八の難に曰く。
鍼に補瀉有りとは何の謂いぞや。
然るなり。
補瀉の法は必ずしも呼吸出内の鍼にあらざるなり。
鍼をなすことを知るものは其の左を信い、鍼をなすことを知らざるものは其の右を信う。
当に刺の時にあたって。先づ左手を以って鍼するところを厭按して、弾いて之を努まし、爪して之を下す。
其の気の来ること、動脈の状の如くにして、鍼を順にして之を刺す。
気を得て因って推して之を内る。是を補と謂う。
動じて之を伸ぶる。是を瀉と謂う。
気を得ずんば乃ち与うるに男は外に女は内にす。
気を得ずんば是を十死不治と謂うなり。


この文章はゆっくり堂鍼灸院・山口一誠先生の難経ポイントを参考にしています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR