FC2ブログ

難経(76)

七十六難日
何謂補瀉。当補之時。何所取気。当瀉之時。何所置気。
然。
当補之時。従衛取気。当瀉之時。従栄置気。
其陽気不足。陰気有余。当先補其陽。而後瀉其陰。
陰気不足。陽気有余。当先補其陰。而後瀉其陽。
栄衛通行。此其要也。



七十六の難に曰く。
何をか補瀉と謂う。当に補うべきの時、何れの所より気を取り、当に瀉すべき時、何れの所に置くや。
然るなり。
当に補う時は衛より気を取り、当に之を瀉する時は栄より気を置く。
其の陽気不足、陰気有余は、当に先づ其の陽を補って、而して後に其の陰を瀉すべし。
陰気不足、陽気有余は、当に先づ其の陰を補って、而して後に其の陽を瀉すべし。
栄衛通行す、此れ其の要なり。


この文章はゆっくり堂鍼灸院・山口一誠先生の難経ポイントを参考にしています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR