FC2ブログ

難経(70)

七十難日。
経言。
春夏刺浅。秋冬刺深者。何謂也。
然。
春夏者。陽気在上。人気亦在上。故当浅取之。
秋冬者。陽気在下。人気亦在下。故当深取之。
春夏各致一陰。秋冬致一陽者。何謂也。
然。
春夏温。必致一陰者。初下鍼。沈之至腎肝之部。得気引持陰也。
秋冬寒。必致一陽者。初内鍼。浅而浮之。至心肺之部。得気推内之陽也。
是謂春夏必致一陰。秋冬必致一陽。



七十の難に曰く。
経に言う。
春夏は刺すこと浅く、秋冬は刺すこと深きとは、何の謂いぞや。
然るなり。
春夏は陽気上に在り、人の気も亦上に在り、故に当に浅く之をとるべし。
秋冬は陽気下に在り、人の気も亦下に在り、故に当に深く之を取るべし。
春夏は各々一陰を致り、秋冬は各々一陽を致るとは、何の謂いぞや。
然るなり。
春夏は温、必ず一陰を致るとは、初めて鍼を下すに、之を沈めて腎肝の部に至り気を得て引いて之を陰に持するなり。
秋冬は寒、必ず一陽を致るとは、初めて鍼を内るに、浅くして之を浮べ、心肺の部に至り、気を得て推して之を陽に内るなり。
是れ春夏は必ず一陰を致り、秋冬は必ず一陽を致すという。


この文章はゆっくり堂鍼灸院・山口一誠先生の難経ポイントを参考にしています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR