FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難経(66)

六十六難日。
経言。
肺之原。出于太淵。
心之原。出于太陵。
肝之原。出于太衝。
脾之原。出于太白。
腎之原。出于太渓。
少陰之原。出于兌骨。
胆之原。出于丘墟。
胃之原。出于衝陽。
三焦之原。出于陽池。
膀胱之原。出于京骨。
大腸之原。出于合谷。
小腸之原。出于腕骨。
十二経皆以兪為原者。何也。
然。
五臓兪者。三焦之所行。気之所留止也。
三焦所行之兪為原者。何也。
然。
臍下腎間動気者。人之生命也。十二経之根本也。故名日原。
三焦者。原気之別使也。主通行三気。経歴於五臓六腑。
原者。三焦之尊號也。故所止輒為原。
五臓六腑之有病者。皆取其原也。



六十六の難に曰く。
経に言う。
肺の原は太淵に出で、
心(包)の原は大陵に出で、
肝の原は太衝に出で、
脾の原は太白に出で、
腎の原は太渓に出で、
少陰の原は兌骨に出る。
胆の原は丘墟に出で、
胃の原は衝陽に出で、
三焦の原は陽池に出で、
膀胱の原は京骨に出で、
大腸の原は合谷に出で、
小腸の原は腕骨に出る。
十二経皆兪を以って原となすものは何ぞや。
然るなり。
五臓の兪は三焦の行く所、気の留止する所なり。
三焦行く所の兪を原となすは何んぞや。
然るなり、
臍下腎間の動気は人の生命なり、十二経の根本なり。
故に名けて原と日う。
三焦は原気の別使なり、三気を通行し、五臓六腑に経歴することを主る。
原とは三焦の尊号なり。
故に止る所に輒ち原となす。
五蔵六腑の病ある者は皆其の原を取るなり。


この文章はゆっくり堂鍼灸院・山口一誠先生の難経ポイントを参考にしています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。