FC2ブログ

難経(58)

五十八難日
傷寒有幾。其脈有変不。
然。
傷寒有五。有中風。有傷寒。有湿温。有熱病。有温病。其所苦各不同。
中風之脈。陽浮而滑。陰濡而弱。
湿温之脈。陽濡而弱。陰小而急。
傷寒之脈。陰陽倶盛而緊濇。
熱病之脈。陰陽倶浮。浮之滑。沈之散濇。
温病之脈。行在諸経。不知何経之動也。各随其経所在而取之。
傷寒有汗出而愈。下之而死者。
有汗出而死。下之而愈者。何也。
然。
陽虚陰盛。汗出而愈。下之即死。
陽盛陰虚。汗出而死。下之而愈。
寒熱之病。候之如何也。
然。
皮寒熱者。皮不可近席。毛髪焦。鼻槁。不得汗。肌寒熱者。皮膚痛。唇舌槁。無汗。
骨寒熱者。病無所安。汗注不休。歯本槁痛。



五十八の難に曰く。
傷寒幾くか有る、其の脈変有りやいなや。
然るなり。
傷寒五有り、中風有り、傷寒有り、湿温有り、熱病有り、温病有り、其の苦しむ所各々同じからず。
中風の脈は陽浮にして滑、陰濡にして弱。
湿温の脈は陽一存にして弱、陰小にして急。
傷寒の脈は陰陽倶に盛にして緊濇。
熱病の脈は陰陽倶に浮、之を浮べて滑、之を沈めて散濇。
温病の脈は諸経に行在して何れの経の動たる事を知らず。其の経の所在によって之を取る。
傷寒汗出て愈え、之を下して死する者有り。
汗出て死し、之を下して愈る者有るは何んぞや。
然るなり。
陽虚陰盛は汗出て愈え、之を下せば死す。
陽盛陰虚は汗出て死し、之を下せば愈ゆ。
寒熱の病、之を候うこと如何ぞや。
然るなり。
皮寒熱するものは、皮席に近くべからず。
毛髪焦れ、鼻藁きて汗することを得ず。
肌寒熱するものは、皮膚痛み、唇舌藁いて、汗無し。
骨寒熱するものは病安んづる所なく、汗注いで休まず、歯本藁れ痛む。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR