FC2ブログ

難経(56)

五十六難日。
五臓之積。各有名乎。以何月何日得之。
然。
肝之積。名曰肥気。在左脇下。如覆杯。有頭足。
久不愈。令人發欬逆諄瘧。連歳不己。
以季夏戌己日得之。
何以言之。
肺病傳於肝。肝当傳脾。脾季夏適王。王者不受邪。肝復欲還肺。肺不肯受。故留結為積。
故知肥気以季夏戌己日得之。
心之積。名日伏梁。起臍上。大如臂。上至心下。
久不愈。令人病煩心。
以秋庚辛日得之。
何以言之。
腎病傳心。心当傳肺。肺以秋適王。王者不受邪。心復欲還腎。腎不肯受。故留結為積。
故知伏梁以秋庚辛日得之。
脾之積。名曰痞気。在胃脘。覆大如盤。
久不愈。令人四肢不収。発黄疸。飲食不為肌膚。
以冬壬癸日得之。
何以言之。
肝病傳脾。脾当傳腎。腎以冬適王。王者不受邪。脾復欲還肝。肝不肯受。故留結為積。
故知痞気以冬壬癸日得之。
肺之積。名日息賁。在右脇下。覆大如杯。
久不己。令人洒淅寒熱。喘欬。発肺壅。以春甲乙日得之。
何以言之。
心病傳肺。肺当傳肝。肝以春適王。王者不受邪。肺復欲還心。心不肯受。故留結為積。
故知息賁以春甲乙日得之。
腎之積。名日賁豚。発於少腹。上至心下。若豚状。或上或下無時。
不久己。令人喘逆。骨痿少氣。以夏丙丁日得之。
何以言之。
脾病傳腎。腎当傳心。心以夏適王。王者不受邪。腎復欲還脾。脾不肯受。故留結為積。
故知賁豚以夏丙丁日得之。
此是五積之要法也。



五十六の難に日く、
五蔵の積、各々名有りや。
何れの月、何れの日を以て之を得る。
然るなり、

肝の積を名けて肥気と日う、左脇下に在って覆杯の如く、頭足有り。
久しくして愈えざれば人をして咳逆、瘧を発して歳を連ねて己えざらしむ。
季夏戊巳の日を以って之を得、 何を以って之を言えば、肺病肝に伝う、
肝当に牌に伝うべし、牌は季夏適に王ず、王ずるものは邪を受けず、
肝復た肺に還さんと欲す、 肺肯て受けず、故に留結して積をなす。
故に知らんぬ、肥気は季夏戊巳の日を以って之を得る。

心の積を名けて伏梁と日う、臍の上に起って大さ臂の如し、
上りて心下に至る、久しくして愈えざれば、人をして煩心を病ましむ。
秋庚辛の日を以って之を得る。何を以って之を言えば、腎病んで心に伝う、
心当に肺に伝うベし。 肺は秋を以って適に王ず、王ずるものは邪を受けず、心復た腎に還さんと欲す、腎肯て受けず、 故に留結して積をなす、故に 知らんぬ、伏梁は秋庚辛の日を以って之を得る。

牌の積を名けて痞氣と日う、胃院に在り、覆して大さ盤の如し、久しくして愈えざれば、
人をして四肢収らず、黄痘を発し、飲食、肌膚とならず。冬壬葵の日を以 って之を得る、何を以って之を言えば、肝病んで牌に伝う、牌当に腎に伝うべし、腎は冬を以って適に王ず、王ずるものは邪を受けず、牌復た肝に還さんと欲す、肝肯て受けず、 故に留結して積となる。 故に知らんぬ、痞氣は冬壬葵の日を以って之を得る。

肺の積を名けて息賁と日う、右の脇下に在って覆して大さ杯の如し。久しくして己えざれば、人をして洒淅(しゃあしゃあ)として寒熱し、喘欬し、肺壅を発す。
春甲乙の日を以って之を得る。 何を以って之を言えば、心病肺に伝う、 肺当に肝に伝うべし、肝は春を以って適に王ず、王ずるものは邪を受けず、肺復心に還さんと欲す、
心肯て受けず、 故に留結して積となる。 故に知らんぬ、 息賁は春甲乙の日を以って之を得る。

腎の積を名けて賁豚と日う、小腹に発して上りて心下に至り、豚の状の若く、或は上り、或は下り、時なし。 久しくして巳えざれば人をして喘逆して骨痿え、少気ならしむ。
夏丙丁の日を以って之を得る。 何を以って之を言えば、 牌病んで腎に伝う、 腎当に心に伝うベし、心は夏を以って適に玉ず、王ずるものは邪を受けず、腎復た牌に還さんと欲す、牌肯て受けず、故に留結して積となる。
故に知らんぬ、賁豚は夏丙丁の日を以って之を得ることを。
此れ五積の要法なり。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR