FC2ブログ

難経(4) 続き

四の難に曰く。

脈に陰陽の法ありとは何の謂ぞや。

然るなり、呼は心と肺とに出て、吸は腎と肝に入る。
呼吸の間に脾は穀味を受くるなり、其の脈、中にあり。
浮は陽なり、沈は陰なり、故に陰陽と曰うなり。
心肺は倶に浮なり、何を以って之を別たん。
然るなり、浮にして大散なるは心なり。浮にして短濇なるは肺なり。
腎肝は倶に沈なり、何を以って之を別たん。
然るなり、牢にして長らるは肝なり、之を按じて濡、指を挙ぐれば来たり、実するは腎なり。
脾は中州の故に其の脈、中にあり、是れ陰陽の法なり。
脈に一陰一陽、一陰二陽、一陰三陽、一陽一陰、一陽二陰、一陽三陰、あり。
此の如きことは、寸口に六脈倶に動くことあるや。
然るなり、此の如きことは六脈倶に動くことあるにあらざるなり。
いわゆる浮沈、長短、滑濇なり。
浮は陽なり、滑は陽なり、長は陽なり、沈は陰なり、短は陰なり、濇は陰なり。
一陰二陽とは脈来ること沈滑にして長なり。
一陰三陽とは脈来ること浮滑にして長、時に一沈するなり。
言う所の、一陽一陰とは、脈来ること浮にして濇なり。
一陽二陰とは脈来ること長にして沈濇なり。
一陽三陰は脈来ること沈濇にして短、時に一浮なるをいう。
各々その経の在る所をもって、病の逆順を名づくなり。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR