FC2ブログ

難経(49)

四十九難日。
有正経自病。有五邪所傷。何以別之。
然。
経言。
憂愁思慮則傷心。形寒飲冷則傷肺。恚怒気逆。上而不下。則傷肝。飲食労倦。則傷脾。
久坐湿地。強力入水。則傷腎。是正経之自病也。
何謂五邪。
然。
有中風。有傷暑。有飲食労倦。有傷寒。有中湿。此之謂五邪。
仮令心病。何以知中風得之。
然。
其色当赤。何以言之。肝主色。自入為青。入心為赤。入脾為黄。入肺為白。入腎為黒。
肝為心邪。故知当赤色也。其病身熱。脇下満痛。其脈浮大而弦。
何以知傷暑得之。
然。
当悪臭。何以言之。心主臭。自入為焦臭。入脾為香臭。入肝為臊臭。入腎為腐臭。入肺為腥臭。
故知心病傷暑得之也。当悪臭。其病身熱而煩。心痛。其脈浮大而散。
何以知飲食労倦得之。
然。
当喜苦味也。虚為不欲食。実為欲食。何以言之。脾主味。入肝為酸。入心為苦。入肺為辛。入腎為鹹。自入為甘。故知脾邪入心。為喜苦也。其病身熱。而体重嗜臥。四肢不収。其脈不大而緩。
何以知傷寒得之。
然。
当譫言妄語。何以言之。肺主声。入肝為呼。入心為言。入脾為歌。入腎為呻。自入為哭。故知肺邪入心。為譫言妄語也。其病身熱。酒酒悪寒。甚則喘欬。其脈浮大而濇。
何以知中湿得之。
然。
当喜汗出不可止。何以言之。腎主液。入肝為泣。入心為汗。入脾為涎。入肺為涕。自入為唾。
故知腎邪入心。為汗出不可止也。其病身熱。而小腹痛。足脛寒而逆。其脈沈濡而大。
此五邪之法也。



四十九難に曰く。
正経自から病むことあり、五邪に傷るる所あり。何を以って之を別たん。
然るなり。
経に言う。
憂愁思慮すれば心を傷る。形寒え冷飲すれば肺を傷る。恚怒して気逆上し、下らざれば肝を傷る。飲食労倦すれば脾を傷る。是れ正経の自病なり。

何をか五邪を謂うや。
然るなり。
中風あり、傷暑あり、飲食労倦あり、傷寒あり、中湿ある。此れを五邪と謂う。

仮令心病何を以って中風に之を得ることを知らん。
然るなり。
其の色当に赤なるべし、何を以って之を言うべし、肝は色を主る。
自から肝に入れば青をなし、心に入れば赤をなし、脾に入れば黄をなし、
肺に入れば白をなし、腎に入れば黒をなす。
肝は心の邪をなす。故に知らん当に赤色なるべし。
其の病は身熱し、脇の下が満ち痛み、其の脈は浮大にして弦なり。

何を以ってか傷暑に之を得ることを知らん。
然るなり。
当に臭いを悪むべし、何を以って之を言う。
心は臭を主る。
自ら心に入れば焦臭となり、脾に入れば香臭となり、肝に入れば臊臭となり、
腎に入れば腐臭となり、肺に入れば腥臭となる。
故に知らん心病に傷暑之を得れば当に臭を悪むべし。
其の病、身熱して煩しく、心痛する。
其の脈は浮大にして散。

何を以ってか飲食労倦より之を得るを知らん。
然るなり。
当に苦味を喜むなり。
虚するときには食を欲せず、実するときには食を欲することをなす。
何を以って之を言う、脾は味を主る。
肝に入りては酸となり、心に入りては苦となり、肺に入りては辛となり、腎に入りては鹹となり、自ら脾に入りては甘きことをなす。
故に知らん、脾邪心に入りて、苦味を喜むことをなすなり。其の病、熱して體重く臥すことを嗜み、四肢収らず、其の脈は浮大にして緩なり。

何を以ってか傷寒より之を得るを知らん。
然るなり。
当に譫言妄語すべし、何を以って之を言う。
肺は声を主る。
肝に入りては呼ことをなし、心に入りては言うことをなし、脾に入りては歌うことをなし、腎に入りては呻くことをなし、自ら肺に入りては哭くことをなし、故に知らん、肺の邪心に入りては譫言妄語をなすことを。
其の心の病、身熱して洒洒として悪寒し、甚だしきは喘欬す。
その時の心の病の脈浮大にして濇なり。

何を以ってか中湿より之を得るを知らん。
然るなり。
当に汗出で、止まざるべし。何を以って之を言う。
腎は湿を主る。
肝に入りては泣をなし、心に入りては汗をなし、脾に入りては涎をなし、肺に入りては涕をなし、自ら腎に入りては唾をなす。
故に知らんぬ、腎の邪、心に入りては汗をなし、汗出でやむべからず。
其の心の病、身熱して小腹痛み、足脛寒え逆す。
其の脈、沈濡にして大なり。

此れ五邪の法なり。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR