FC2ブログ

難経(37)

三十七難日。
五臓之気。於何発起。通於何許。可暁以不。
然。
五臓者。当上関於九竅也。
故肺気通於鼻。鼻和則知香臭矣。
肺気通於目。目和則知白黒矣。
脾気通於口。口和則知穀味矣。
心気通於舌。舌和則知五味矣。
腎気通於耳。耳和則知五音矣。
五臓不和。則九竅不通。
六腑不和。則留結為癰。
邪在六腑。則陽脈不和。陽脈不和。則気留之。気留之。則陽脈盛矣。
邪在五臓。則陰脈不和。陰脈不和。則血留之。血留之。則陰脈盛矣。
陰気太盛。則陽気不得相営也。故日格。
陽気太盛。則陰気不得相営也。故日関。
陰陽倶盛。不得相営也。故日関格。
関格者。不得盡其命而死矣。
経言。
気独行於五臓。不営於六腑者。何也。
然。
気之所行也。如水之流不得息也。
故陰脈営於五臓。陽脈営於六腑。如環之無端。
莫知其紀。終而復始。其不覆溢。人気内温於臓腑。外濡於腠理。



三十七の難に曰く。
五臓の気、何くに於いて発起し、何れの許に通ずるや、暁すべきことを以ってせんや否や。
然るなり。
五臓は、当に上九竅に関すべきなり。
故に肺気は鼻に通ず、鼻和するときは香臭を知る。
肝気は目に通ず、目和するときは白黒を知る。
脾気は口に通ず、口和するときは穀味を知る。
心気は舌に通ず、舌和するときは五味を知る。
腎気は耳に通ず、耳和するときは五音を知る。
五臓和せざるときは、九竅通せず。
六腑和せざるときは、留結して癰となす。
邪六腑にあるときは、陰脈和せず、陰脈和せざるときには、気之留むる、気之留るときは、陽脈左官なり。
陰気太盛なるときは、陽気相営することを得ず、故に格と日う。
陽気太盛なるときは、陰気相営することを得ず、故に関と日う。
陰陽倶に盛にして、相営することを得ず、故に関格を日う。
関格は、其の命を尽くすことを得ずして死すのみ。
経に言う。
気独り五臓に行きて、六腑に営せざるものは、何んぞや。
然るなり。
気行る所は、水の流れる如く息むことを得ざるなり、
故に陰脈は五臓を営し、陽脈は六腑を営す。
環の端無きが如く、其の紀を知ることなく、終って復始まる。
其れ覆溢せざれば、人の気、内に臓腑を温めて、外に腠理を濡す。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR