FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難経(33)

三十三難日
肝青象木。肺白象金。
肝得水而沈。木得水而浮。
肺得水而浮。金得水而沈。其意何也。
然。
肝者。非為純木也。乙角也。
庚之柔。大言陰与陽。小言夫与婦。
釋其微陽。而吸其微陰之気。其意樂金。
又行陰道多。故令得水而沈也。
肺者。非為純金也。辛商也。
丙之柔。大言陰与陽。小言夫与婦。
釋其微陰。婚而就火。其意樂火。
又行陽道多。故令肺得水而浮也。
肺熟而復沈。肝熟而復浮者。何也。
故知辛当歸庚。乙當歸甲也。



三十三の難に曰く。
肝は青くして木に象る、肺は白くして金に象る。
肝は水を得て沈み、木は水を得て浮ぶ、
肺は水を得て浮び、金は水を得て沈む、その意何ぞや。
然るなり。
肝は純木たるに非ざるなり、乙角なり、
庚の柔、大言すれば陰と陽、小言すれば夫と婦、
其の微陽を釈て、而して其の微陰の気を吸う、其の意、金を楽しむ、
又陰道に行くこと多し、故に肝をして水を得て沈むなり。
肺は、純金たるに非ざるなり、辛の商なり、
丙の柔、大言すれば陰と陽、小言すれば夫と婦、
其の微陰を釈て、婚して而して火に就く、其の意、火を楽しむ、
又陽道に行くこと多し、故に肺をして水を得て浮かばしむなり。
肺熟して復た沈み、肝熟して復た浮かぶものは何ぞや。
故に知らぬ、辛は当に庚に帰すべし、乙は当に甲に帰すべし。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。