FC2ブログ

難経(3)

三難曰。

脈有大過、有不及、有陰陽相乗、有覆、有溢、有関、有格、何謂也。

然、関之前者、陽之動。
脈当見九分而浮。
過者、法曰大過、減者、法曰不及。
遂上魚為溢、為関外内格、此陰乗之脈也。
関以後者、陰之動也、脈当見一寸而沈。
過者、法曰大過、減者、法曰不及。
遂入尺為覆、為内関外格、此陽乗之脈也。
故曰覆溢、是其眞臓之脈、人不病而死也。


三難に曰く

脈に大過あり、不及あり、陰陽相乗あり、覆あり、溢あり、関あり、格あり、とは何の謂いぞや。

然るなり、

関の前は陽の動なり。
脈、当に九分に見れて浮なるべし。
過ぎたる者は法に大過と曰い、減たる者は法に不及と曰う。
遂みて魚に上るを溢と為し、外関内格となす、此れ陰乗の脈なり。
関以後は陰の動なり、脈当一寸に見れて沈なるべし。
過ぎたる者は法に大過と曰い、減たる者は法に不及と曰う。
遂んで尺に入るを覆となし、内関外格となす、此れ陽乗の脈なり。
故に覆溢と曰う、是れ其の眞臓の脈は、人病まざれど死す。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR