FC2ブログ

難経(31)

三十一難日。
三焦者。何稟何生。何始何終。其治常在何許。可暁以不。
然。
三焦者。水穀之道路。気之所終始也。
上焦者。在心下下膈。在胃上口。主内而不出。
其治在膻中。玉堂下一寸六分。直両乳間陥者。是。
中焦者。在胃中脘。不上不下。主腐熟水穀。
其治在臍傍。
下焦者。当膀胱上口。主分別清濁。主出而不内。以傳導也。
其治臍下一寸。
故名曰三焦。其府在気街。



三十一の難に曰く。
三焦は、何くに稟け、何くに生まれ。何くに始まり、何くに終る。
其の治常に何くの許に在りや、暁すべきことを以ってせんや。
然るなり。
三焦は、水穀の道路、気の終始する所なり。
上焦は心下下膈に在り、胃上口に在り、内れて出さざることを主る。
其の治、膻中に在り、玉堂下一寸六分、直ちに両乳の間、陥なるもの、是なり。
中焦は、胃の中脘に在り、上さず、下さず、水穀の腐熟することを主る。
其の治、臍の傍らに在り。
下焦は膀胱上口に当る、清濁を分別することを主り、出して内れさざることを主る。
其の治、臍下一寸在り。
故に名けて三焦と日う。
其の府気街に在り。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR