FC2ブログ

難経(29)

二十九難日。
奇経之為病。何如。
然。
陽維維於陽。陰維維於陰。
陰陽不能自相維。則悵然失志。溶溶不能自收持。
陽維為病。苦感熱。
陰維為病。苦心痛。
陰蹻為病。陽緩而陰急。
陽蹻為病。陰緩而陽急。
衝之為病。逆気而裏急。
督之為病。脊強而厥。
任之為病。其内苦結。男子為七疝。女子為瘕聚。
帯之為病。腹満腰溶溶。若坐水中。
此奇経八脈之為病也。/strong>

二十九の難に曰く。
奇経の病なすこと、如何。
然るなり。
陽維は陽を維し、陰維は陰を維す。
陰陽自ら相維すること能わざるときは、悵然として志を失し、溶溶として自ら收持すること能わず。
陽維の病をなすこと、寒熱を苦む。
陰維の病をなすこと、心痛を苦む。
陰蹻の病をなすこと、陽緩くして陰急。
陽蹻の病をなすこと、陰緩くして陽急。
衝の病をなすこと、逆気して裏急す、
督の病をなすこと、脊強ばりて厥す、
任の病をなすこと、其の内は結を苦しむ、男子は七疝となし、女子は瘕聚をなす、
帯の病たること。腹満し腰溶溶として、水中に坐するが若し、
此れ奇経八脈の病のをなすなり。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント