FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難経(28)

二十八難日。
其奇経八脈者。既不拘於十二経。皆何起何継也。
然。
督脈者。起於下極之兪。並於脊裏。上至風府。入属於脳。
任脈者。起於中極之下。以上毛際。循腹裏。上関元。至咽喉。
衝脈者。起於気衝。並足陽明之経。夾臍上行。至胸中而散也。
帯脈者。起於季脇。廻身一周。
陽蹻脈者。起於跟中。循外踝。上行入風池。
陰蹻脈者。亦起於跟中。循内踝。上行至咽喉。交貫衝脈。
陽維陰維者。維絡于身。溢畜不能環流灌漑諸経者也。
故陽維。起於諸陽会也。陰維。起於諸陰交也。
比于聖人図設溝渠。満溢流于深湖。
故聖人不能拘通也。
而人脈隆盛。入於八脈。而不環周。
故十二経。亦不能拘之。
其受邪気。畜則腫熱。砭射之也。


二十八の難に曰く。
其の奇経八脈は、既に十二経に拘らずんば、皆何に起り、何に継ぐぞや。
然るなり。
督脈は、下極の兪に起り、脊裏に並んで、上り、風府に至り、入って脳に属す。
任脈は、中極の下に起り、以って毛際に上り、腹裏を循り、関元に上り、咽喉に至る。
衝脈は、気衝に起り、足陽明経に並んで、腹を夾んで上行して、胸中に至って散ず。
帯脈は、季脇に起り、身を廻ること一周す。
陽蹻脈は、跟中に起り、外踝を循り、上行して風池に入る。
陰蹻脈も、また跟中に起り、内踝を循り、上行して咽喉に至り、衝脈に交り貫く。
陽維、陰維は、身を維絡す、溢畜諸経に環流灌漑すること能わざる者なり。
故に陽維は、諸陽の会に起り、陰維は、諸陰の交に起るなり。
聖人、溝渠満溢して深湖に流る。
故に聖人も拘り通ずること能わざるに比すなり。
而して人の脈隆盛なれば、八脈に入って、環流せず。
故に十二経も、亦之に拘ること能わず。
其れ邪気を受けて、畜るときは腫熱す、砭にして之を射すなり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。