FC2ブログ

難経(24)

二十四難日。
手足三陰三陽気已絶。何以為候。可知其吉凶不。
然。
足少陰気絶。即骨枯。少陰者。冬脈也。伏行而温於骨髄。
故骨髄不温。即肉不著骨。骨肉不相親。即肉濡而却。
肉濡而却。故歯長而枯。髪無潤澤者。骨先死。戌日篤。己日死。

足太陰気絶。則脈不栄其口唇。口唇者。肌肉之本也。
脈不栄。則肌肉不滑澤。肌肉不滑澤。則肉満。
肉満則唇反。唇反則肉先死。甲日篤。己日死。

足厥陰気絶。即筋縮引卵與舌。
厥陰者。肝脈也。肝者。筋之合也。筋者。聚於陰器。而絡於舌本。
故脈不営。則筋縮急。筋縮急。則引卵與舌。故舌巻卵縮。此筋先死。庚日篤。辛日死。

手太陰気絶。即皮毛焦。
太陰者。肺也。行気温於皮毛者也。気弗栄。則皮毛焦。皮毛焦。則津液去。
津液去。即皮節傷。皮節傷則皮枯毛折。毛折者。則毛先死。丙日篤。丁日死。

手少陰気絶。則脈不通。少陰者。心脈也。
心者。脈之合也。脈不通。則血不流。血不流則色澤去。故面黒如梨。此血先死。壬日篤。癸日死。

三陰気倶絶者。則目眩轉。目瞑。
目瞑者。為失志。
失志者。則志先死。
死即目瞑也。

六陽気倶絶者。則陰與陽相離。
陰陽相離。則腠理泄。
絶汗乃出。大如貫珠。
轉出不流。即気先死。
旦占夕死。夕占旦死。


二十四の難に曰く。
手足三陰三陽の気、已に絶すれば、何を以ってか候となして、其の吉凶を知るべきや否や。
然るなり。
足の少陰の気絶すれば、即ち骨枯る。
少陰は、冬の脈なり、伏行して骨髄を温む。
故に骨髄温かならざれば、即ち肉骨に著かず、
骨肉相親まざれば、即ち肉濡かにして却る、
肉濡にして却る、故に齒長くして枯る、髪に潤沢無きものは、骨先づ死す。
戊の日に篤く、己の日に死す。

足の太陰の気絶するときは、則ち脈其の口唇を栄せず。
口唇は、肌肉の本なり。
脈栄せざれば、則ち肌肉滑沢ならず、
肌肉滑沢ならざるときは、則ち肉満つ。
肉満つるといは唇反る、唇反るときは肉先ず死す。
甲の日に篤く、乙の日に死す。

足の厥陰の気絶するときは、即ち筋縮り卵と舌に引いて巻く。
厥陰は、肝の脈なり、かんは、筋の合なり、筋は、陰器に聚って、舌本を絡う。
故に脈営せざるときは、則ち筋縮急なり、筋縮急なれば、即ち卵と舌に引く。
故に舌巻き卵縮る、此れ筋先ず死す。
庚の日に篤く、辛の日に死す。

手の太陰の気絶すれば、即ち皮毛焦る、
太陰は、肺なり、気を行らし、皮毛を温るものなり。
気栄せざるときは、則ち皮毛焦る、皮毛焦るときは。則ち津液去る、
津液去るときは、即ち皮節傷る、皮節傷るときは、則ち皮枯れ毛折る、
毛折るものは、毛先ず死す。
丙の日に篤く、丁の日に死す。

手の少陰の気絶するときは、則ち脈通ぜず、
少陰は、心の脈なり、心は、脈の合なり、
脈通せざるときは、則ち血流れず、血流れざるときは色沢去る。
故に面色黒くして梨の如し、此れ血先ず死す。
壬の日に篤く、癸の日に死す。

三陰の気、倶に絶するものは、則ち目眩轉し、目瞑す、
目瞑するものは、志を失する事をなす、
志を失するものは、則ち志先ず死す、
死するときは目瞑す。

六陽の気、倶に絶するときは、則ち陰と陽と相離る、
陰陽相離るときは、則ち腠理泄して、
絶汗乃ち出て、大さ貫珠の如く、
転た出て流れず、即ち気先ず死す。
旦に占みて夕に死し、夕に占みて旦に死す。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR