FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難経(23)続き

二十三の難に曰く。
手足の三陰三陽、脈の度数、暁すべきことを以ってせんやいなや。
然るなり。
手の三陽の脈は、手より頭に至って、長きこと五尺、五六合して三丈。
手の三陰の脈は、手より胸中に至って、長きこと三尺五寸、三六一丈八尺、五六三尺、合して二丈一尺。
足の三陽の脈は、足より頭に至って、長きこと八尺、六八四丈八尺。
足の三陰の脈は、足より胸に至って、長きこと六尺五寸、六六三丈六尺、五六三尺、合して三丈九尺。
人、両足の蹻脈は、足より目に至って、長きこと七尺五寸、二七一丈四尺、二五一尺、合して一丈五尺。
督脈・任脈は各々四尺五寸、二四八尺、二五一尺、合して九尺。
凡そ脈の長さ一十六丈二尺、此れ所謂る十二経脈長短の数なり。
経脈十二、絡脈十五、何くに始り何くに窮るや。
然るなり。
経脈は、血気を行らし、陰陽を通じ、以って身を栄するものなり。
それ中焦より始まり、手の太陰、陽明に注ぎ。
陽明より足の陽明、太陰に注ぎ、
太陰より手の少陰、太陽に注ぎ、
太陽より足の太陽、少陰に注ぎ、
少陰より手の心主少陽に注ぎ、
少陽より足の少陽、厥陰に注ぎ、
厥陰復た還って手の太陰に注ぐ。
別絡十五、皆な其の原に因って、環の端し無きが如し。
轉た相漑灌して、寸口人迎に朝す、以って百病を処し、而して死生を決するなり。
経に日う。
明に終始を知って、陰陽定るとは、何の謂いぞや。
然るなり。
終始は、脈の紀なり。
寸口人迎は、陰陽の気、朝使に通じて、環の端し無きが如し、故に始と日うなり。
終は、三陰三陽の脈絶するなり、
絶する時は死す、死するに各々形有り、故に終と日うなり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。