FC2ブログ

難経(22)

二十二難日。
経言。
脈有是動。有所生病。
一脈軋変為二病者。何也。
然。
経言。
是動者。気也。
所生病者。血也。
邪在気。気為是動。
邪在血。血為所生病。
気主呴之。血主濡之。
気留而不行者。為気先病也。
血壅而不濡者。為血後病也。
故先為是動。後所生病也。



二十二の難に曰く。
経に言う。
脈に是動あり、所生病あり、
一病変じて二病となるものは、何ぞや。
然るなり。
経に言う。
是動とは、気なり。
所生病とは、血なり。
邪、気に在れば、気、是がために動ず。
邪、血に在れば、生ずる所の病を生ず。
気は之を呴むることを主る。
血は之を濡すことを主る。
気留まって行かざるものは、気先づ病むことをなす。
血壅って濡さざるものは、血後に病をなすなり。
故に是動をなすことを先にし、所生を後にするなり。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR