FC2ブログ

難経(20)

二十難日。
経言。
脈有伏匿。
伏匿於何臓。而言伏匿耶。
然。
謂陰陽更相乗。更相伏也。
脈居陰部。而反陽脈見者。為陽乗陰也。脈雖時沈濇而短。此謂陽中伏陰也。
脈居陽部。而反陰脈見者。為陰乗陽也。脈雖時浮滑而長。此謂陰中伏陽也。
重陽者狂。重陰者癲。
脱陽者見鬼。脱陰者目盲。



二十の難に曰く。
経に言う。
脈に伏匿あり。
何れの臓に伏匿するを、伏匿と言うや。
然るなり。
陰陽更々相乗し、更々相伏するを謂う。
脈陰部に居りて、反して陽脈見るものを陽、陰に乗ずると為すなり。
脈時に沈濇にして短と雖も此れを陽中の伏陰と謂うなり。
脈陽部に居りて、反して陰脈見るものを陰、陽に乗ずると為すなり。
脈時に浮滑にして長と雖も此れを陰中の伏陽と謂うなり。
重陽の者は狂し、重陰の者は癲し、
脱陽の者は鬼を見、脱陰の者は目盲ゆ。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR