FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難経(19)

十九難曰。
経言。
脉有順逆。男女有常。而反者。何謂也。
然。
男子生於寅。寅為木。陽也。
女子生於申。申為金。陰也。
故男脈在関上。女脈在関下。
是以男子尺脈恒弱。女子尺脈恒盛。是其常也。
反者。男得女脈。女得男脈也。
其為病何如。
然。
男得女脈。為不足。病在内。
左得之。病則在左。右得之。病則在右。
随脈言之也。
女得男脈。為太過。病在四肢。
左得之。病則在左。右得之。病則在右。
随脈言之。此之謂也。



十九の難に曰く。
経に言う。
脈に順逆あり。男女常あり。而して反するものは、何の謂いぞや。
然るなり。
男子は寅に生ず。寅は木となす。陽なり。
女子は申に生ず、申は金となす。陰なり。
故に男脈は関上に在り、女脈は関下に在る。
是を以って男子の尺脈は恒に弱く、女子の尺脈は恒に盛ん。是れ其の常なり。
反するものは、男は女脈を得、女は男脈を得るなり。
其の病をなすこと如何。
然るなり。
男が女脈を得るを、不足となす。病内に在り。
左に之を得れば、病則ち左に在り、右に之を得れば、病則ち右に在り。
脈に随って之を言うなり。
女が男脈を得るを、太過となす。病四肢に在り。
左に之を得れば、病則ち左に在り、右に之を得れば、病則ち右に在り。
脈に随って之を言う。
此れ之の謂なり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。