FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難経(18)

十八難日。
脈有三部。部有四経。手有太陰陽明。足有太陽少陰。為上下部。何謂也。
然。
手太陰陽明金也。足少陰太陽水也。金生水。水流下行。而不能上。故在下部也。
足厥陰少陽木也。生手太陽少陰火。火炎上行。而不能下。故為上部。
手心主少陽火。生足太陰陽明土。土主中宮。故在中部也。
此皆五行子母。更相生養者也。
脈有三部九候。各何所主之。
然。
三部者。寸関尺也。
九候者。浮中沈也。
上部法天。主胸以上至頭之有疾也。
中部法人。主膈以下至臍之有疾也。
下部法地。主臍以下至足之有疾也。
審而刺之者也。
人病有沈滞久積聚。可切脈而知之耶。
然。
診在右脇有積気。得肺脈結。脈結甚則積甚。結微則気微。
診不得肺脈。而右脇有積気者。何也。
然。
肺脈雖不見。右手脈当沈伏。
其外痼疾同法耶。将異也。
然。
結者。脈来去時一止無常数。名日結也。
伏者。脈行筋下也。浮者。脈在肉上行也。
左右表裏。法皆如此。
假令脈結伏者。内無積聚。脈浮結者。外無痼疾。
有積聚。脈不結伏。有痼疾。脈不浮結。
為脈不應病。病不應脈。是為死病也。


十八の難に日く。
脈に三部有り、部に四経あり、手に太陰陽明あり、足に太陽少陰あり、上下の部となるは、何の謂いぞや。
然るなり。
手の太陰陽明は金なり、足の少陰太陽は水なり、金は水を生ず、
水の流れは下行して、上ること能わず、故に下の部に在るなり。
足の厥陰少陽は木なり、手の太陽少陰は火を生ず、
火の炎は上行して、下ること能わず、故に上部となる。
手の心主、少陽の火は、足の太陽陽明の土を生ず、
土は中宮を主る、故に中部に在り。
此れ皆五行子母、更々相生養するものなり。
脈に三部九候あり、各々何れが之を主る。
然るなり。
三部は、寸関尺なり、九候は、浮中沈なり。
上部は天に法り、胸以上頭に至っての疾あることを主るなり。
中部は人に法り、膈以下臍に至っての疾あることを主るなり。
下部は地に法り、臍以下足に至るまでの疾あることを主るなり。
審らかにして之を刺すものなり。
人の病沈滞久しくして積聚することあり、脈を切して之を知るべきや。
然るなり。
診するに右脇に在って積気あるは、肺脈の結を得る、
脈結甚だしいときは積も甚だしく、結微なるときは気も微なり。
診して肺脈を得ずして、而も右脇に積気あるものは何ぞや。
然るなり。
結は、脈の去来のときに一止して常に数なきを、名けて結り日うなり。
伏は脈、筋の下を行くなり、浮は脈、肉上に在って行くなり。
左右表裏の法り、皆同じ。
假令ば、
脉結伏するものは、内に積聚無く、
脈浮結するものは、外に痼疾無なく、
積聚あって、脉結伏せず、痼疾あって、脈浮結せず、
脈病に応ぜず、病脈に応ぜず、是を死病となす。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。