FC2ブログ

難経(16)続き

十六の難に曰く。
脈に三部九あり、陰陽あり、軽重あり、一脈変じて四時となる。
聖を離るること久遠、各自是れ其の法、何を以ってか之を別たん。
然るなり。
是其の病、内外の証あり、其の病之をなすこといかん。
然るなり。

假令えば、肝脈をえて、
其の外証は、潔きことを善み、面青く怒ることを善む。
其の内証は、臍の左に動気あり、これを按せば牢くして、若しくは痛む。
其の病い四肢に満ち、閉淋して溲便難しく、転筋す。
是れあるものは肝なり、是れ無きものは非ずなり。

假令えば、心脈をえて
其の外証は、面赤く、口乾き、笑うこと喜む。
其の内証は、臍の上に動気あり、之を按せば牢くして、若しくは痛む。
其の病い、煩心、心痛、掌中熱して啘す。
是れあるものは心なり、是れ無きものは非なり。

假令えば、脾脈をえて、
其の外証は、面黄ばみ、噫することを善み、思うこと善み、味を善む。
其の内証は、臍に当たって動気あり、之を按せば牢くして、若しくは痛む。
其の病い、腹脹満し、食消せず、體重く、節痛み、怠惰、臥しことを嗜み、四肢収まらず。
是れあるものは脾なり、是れ無きものは非なり。

假令えば、肺脈をえて、
其の外証は、面白く、嚔善み、悲愁して楽しまず、哭せんと欲す。
其の内証は、臍の右に動気あり、之を按せば牢くして、若しくは痛む。
その病い、喘欬し、洒淅として寒熱す。
是れあるものは肺なり、是れ無きものは非なり。

假令えば、腎脈をえて、
其の外証は、面黒く、喜んで恐れ、欠す。
其の内証は、臍の下に動気あり、之を按せば牢くして、若しくは痛む。
其の病い、逆気し、少腹急痛し、泄して、しかも下重し、足脛寒えて逆す。
是れあるものは腎なり、是れ無きものは非なり。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR