FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難経(15)続き

十五の難に曰く。

経に言う。

春の脈は弦、夏の脈は鉤、秋の脈は毛、冬の脈は石、是れ王脈なりや、將また病脈なりや。

然るなり。

弦鉤毛石は、四時の脈なり。

春の弦脈とは、肝は東方の木なり。万物始めて生じ、未だ枝葉あらず、
故に其の脈来ること、濡弱にして長、故に弦と日う。

夏の脈は鉤とは、心は南方の火なり、万物の盛なる所、枝を垂れ葉を布き、
皆下り曲がりて鉤の如し、故に其の脈来ること疾く去ること遅し、故に鉤と日う。

秋の脈は毛とは、肺は西方の金なり、万物の終る所、草木の華葉皆秋にして落つ、
其の枝独り在って毫毛の如きなり、故に其の脈来ること、軽虚にして以って浮、故に毛と日う。

冬の脈は石とは、腎は北方の水なり、万物の蔵す所なり、盛なる冬の時に、水凝って石の如し、
故に其の脈来ること、沈濡にして滑、故に石と日う。此れ四時の脈なり。

もし変化あらばいかん。

然るなり。

春の脈は弦、反するものは病となす。
何をか反と謂う。
然るなり。
其の気来ること実強、是を太過と謂う、病外に在り。
気来ることを虚微、是を不及と謂う、病内に在り。
気来ること厭厭聶聶として楡の葉を循るが如しを平と日う。
益々実にして滑、長き竿を循るが如しを病と日う。
急にして勁益々強く、新に張る弓の弦の如きを死と日う。
春の脈微弦なるを平と日い、弦多く胃気少なきを病と日う。但弦にして胃気無きを死と日う。
春も胃気を以って本となす。

夏の脈は鉤、反するものは病となす。
何をか反と謂う。
然るなり。
その気来ること実強、是を太過と謂う、病外に在り。
気来ること虚微、是を不及と謂う、病内に在り。
その気来ること累々として環の如く、琅玕を循るが如くを平と日う。
来って益々数、鶏の足を挙ぐるが如きものを病と日う。
前曲り後居して、帯鈎操るが如きを死と日う。
夏の脈は微鈎なるを平と日い、鈎多く胃気少なきを病と日う。但鈎にして胃気無きを死と日う。
夏も胃気を以って本となす。

秋の脈は微毛、反するものは病となす。
何をか反と謂う。
然るなり。
其の気来ること実強、是を太過と謂う。病外に在り。
気来ること虚微、是を不及と謂う。病内に在り。
其の気来ること藹藹として車蓋の如く、之を按せば益々大なるを平と日う。
上がらず下らず、鶏羽を循るが如くを病と日う。
之を按せば消索として、風の毛を吹くが如きを死と日う。
秋の脈は微毛を平となし、毛多く胃気少なきを病と日う。但毛にして胃気無きを死と日う。
秋も胃気を以って本となす。

冬の脈は石、反するものは病となす。
何をか反と謂う。
然るなり。
其の気来ること実強、是を太過と謂う、病外に在り。
気来ること虚微、是を不及を謂う、病内に在り。
脈来ること上大下兌、濡滑にして雀の啄むが如きを平と日う。
啄啄として連属そ、其の中微しき曲るを病と日う。
来ること索を解くが如く、去こと石を弾くが如きを死と日う。
冬の脈は微石を平と日い、石多く胃気少なきを病と日い、但石にして胃気無きを死と日う。
冬も胃気を以って本となす。

胃は水穀の海なり、四時を稟ることを主る。
故に皆な胃気を以って本となす。
是れ謂る四時の病変、死生の要会なり。

脾は中州なり、其の平和得て見るべからず、衰えて乃ち見るのみ、
来ること雀の啄むが如く、水の下り漏るが如き、是れ脾の衰えて見るなり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。