FC2ブログ

難経(13)

十三難曰。
経言。
見其色而不得其脈。反得相勝之脈者。即死。得相生之脈者。病即自已。
色之與脉。当参相応。為之奈何。

然。
五臓有五色。皆見於面。亦與寸口尺内相応。
仮令。
色青、其脈当弦而急。
色赤、其脈浮大而散。
色黄、其脈中緩而大。
色白、其脈浮濇而短。
色黒、其脈沈濡而滑。
此所謂五色之與脈。当参相応也。
脈数、尺之皮膚亦数。
脈急、尺之皮膚亦急。
脈緩、尺之皮膚亦緩。
脈濇、尺之皮膚亦濇。
脈滑、尺之皮膚亦滑。
五臓各有声色臭味、当與寸口尺内相応、其不相応者病也。
仮令。
色青。其脈浮濇而短、若大而緩、為相勝。
浮大而散、若小而滑、為相生也。
経言。
知一為下工、知二為中工、知三為上工。
上工者十全九、中工者十全八、下工者十全六。
此之謂也。


十三難に曰く。
経に言う。
其の色を見して其の脈を得ず。
反って相勝の脈を得る者は、即ち死し。
相生の脈を得る者は、病自ら已ゆ。
色と脈、当に参えて相応すべし、之を成すこといかん。

然るなり。
五臓に五色あって、皆面に見わる、亦、当に寸口は尺内と相応すべし。

仮令えば、
色青きは、其の脈当に弦にして急なるべし。
色赤きは、其の脈浮大にして散。
色黄きは、其の脈中緩にして大。
色白きは、其の脈浮濇にして短。
色黒きは、其の脈沈濡にして滑。
此れいわゆる五色と五脈と、正に参えて相応すべくなり。
脈数なれば、尺の皮膚も亦数。
脈急なれば、尺の皮膚も亦急。
脈緩なれば、尺の皮膚も亦緩。
脈濇なれば、尺の皮膚も亦濇。
脈滑なれば、尺の皮膚も亦滑。
五臓各々声、色、臭、味あり、当に寸口尺内と相応すべし、其の応ぜざる者は病むなり。
仮令えば、
色青き、其の脈浮濇にして短、若しくは大にして緩は、相勝となす。
浮大にして散、若しくは小にして滑は、相生となすなり。
経に言う。
一を知るを下工となし、二を知るを中工となし、三を知るを上工となす。
上工は十に九を全うし、中工は十に八を全うし、下工は十に六を全うする。
此れ之の謂なり。













スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR