FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難経(57)

五十七難日
泄凡有幾。皆有名不。
然。
泄凡有五。其名不同。
有胃泄。有脾泄。有大腸泄。有大瘕泄。名日後重。
胃泄者。飲食不化。色黄。
脾泄者。腹張満。泄注。食即嘔吐逆。
大腸泄者。食已窘迫。大便色白。腸鳴切痛。
小腸泄者。溲而便膿血。少腹痛。
大瘕泄者。裏急後重。数至圊不能便。莖中痛。
此五泄之法也。



五十七の難に曰く。
泄に凡そ幾くか有るや。皆名有るやいなや。
然るなり。
泄に凡そ五有り、其の名同じからず、
胃泄有り、脾泄有り、大腸泄有り、小腸泄有り、大瘕泄有り、名けて後重と日う。
胃泄は飲食化せず、色黄なり。
脾泄は腹張満し、泄注す、食すれば、即ち嘔吐し逆す。
大腸泄は食し已みて窘迫し、大便の色白く、腸鳴し切痛する。
小腸泄は洩らして膿血を便し、少腹痛む。
大瘕泄は裏急後重し数々圊に至って、しかも便すること能わず、茎中痛む。
此れ五泄の要法なり。
スポンサーサイト

難経(56)

五十六難日。
五臓之積。各有名乎。以何月何日得之。
然。
肝之積。名曰肥気。在左脇下。如覆杯。有頭足。
久不愈。令人發欬逆諄瘧。連歳不己。
以季夏戌己日得之。
何以言之。
肺病傳於肝。肝当傳脾。脾季夏適王。王者不受邪。肝復欲還肺。肺不肯受。故留結為積。
故知肥気以季夏戌己日得之。
心之積。名日伏梁。起臍上。大如臂。上至心下。
久不愈。令人病煩心。
以秋庚辛日得之。
何以言之。
腎病傳心。心当傳肺。肺以秋適王。王者不受邪。心復欲還腎。腎不肯受。故留結為積。
故知伏梁以秋庚辛日得之。
脾之積。名曰痞気。在胃脘。覆大如盤。
久不愈。令人四肢不収。発黄疸。飲食不為肌膚。
以冬壬癸日得之。
何以言之。
肝病傳脾。脾当傳腎。腎以冬適王。王者不受邪。脾復欲還肝。肝不肯受。故留結為積。
故知痞気以冬壬癸日得之。
肺之積。名日息賁。在右脇下。覆大如杯。
久不己。令人洒淅寒熱。喘欬。発肺壅。以春甲乙日得之。
何以言之。
心病傳肺。肺当傳肝。肝以春適王。王者不受邪。肺復欲還心。心不肯受。故留結為積。
故知息賁以春甲乙日得之。
腎之積。名日賁豚。発於少腹。上至心下。若豚状。或上或下無時。
不久己。令人喘逆。骨痿少氣。以夏丙丁日得之。
何以言之。
脾病傳腎。腎当傳心。心以夏適王。王者不受邪。腎復欲還脾。脾不肯受。故留結為積。
故知賁豚以夏丙丁日得之。
此是五積之要法也。



五十六の難に日く、
五蔵の積、各々名有りや。
何れの月、何れの日を以て之を得る。
然るなり、

肝の積を名けて肥気と日う、左脇下に在って覆杯の如く、頭足有り。
久しくして愈えざれば人をして咳逆、瘧を発して歳を連ねて己えざらしむ。
季夏戊巳の日を以って之を得、 何を以って之を言えば、肺病肝に伝う、
肝当に牌に伝うべし、牌は季夏適に王ず、王ずるものは邪を受けず、
肝復た肺に還さんと欲す、 肺肯て受けず、故に留結して積をなす。
故に知らんぬ、肥気は季夏戊巳の日を以って之を得る。

心の積を名けて伏梁と日う、臍の上に起って大さ臂の如し、
上りて心下に至る、久しくして愈えざれば、人をして煩心を病ましむ。
秋庚辛の日を以って之を得る。何を以って之を言えば、腎病んで心に伝う、
心当に肺に伝うベし。 肺は秋を以って適に王ず、王ずるものは邪を受けず、心復た腎に還さんと欲す、腎肯て受けず、 故に留結して積をなす、故に 知らんぬ、伏梁は秋庚辛の日を以って之を得る。

牌の積を名けて痞氣と日う、胃院に在り、覆して大さ盤の如し、久しくして愈えざれば、
人をして四肢収らず、黄痘を発し、飲食、肌膚とならず。冬壬葵の日を以 って之を得る、何を以って之を言えば、肝病んで牌に伝う、牌当に腎に伝うべし、腎は冬を以って適に王ず、王ずるものは邪を受けず、牌復た肝に還さんと欲す、肝肯て受けず、 故に留結して積となる。 故に知らんぬ、痞氣は冬壬葵の日を以って之を得る。

肺の積を名けて息賁と日う、右の脇下に在って覆して大さ杯の如し。久しくして己えざれば、人をして洒淅(しゃあしゃあ)として寒熱し、喘欬し、肺壅を発す。
春甲乙の日を以って之を得る。 何を以って之を言えば、心病肺に伝う、 肺当に肝に伝うべし、肝は春を以って適に王ず、王ずるものは邪を受けず、肺復心に還さんと欲す、
心肯て受けず、 故に留結して積となる。 故に知らんぬ、 息賁は春甲乙の日を以って之を得る。

腎の積を名けて賁豚と日う、小腹に発して上りて心下に至り、豚の状の若く、或は上り、或は下り、時なし。 久しくして巳えざれば人をして喘逆して骨痿え、少気ならしむ。
夏丙丁の日を以って之を得る。 何を以って之を言えば、 牌病んで腎に伝う、 腎当に心に伝うベし、心は夏を以って適に玉ず、王ずるものは邪を受けず、腎復た牌に還さんと欲す、牌肯て受けず、故に留結して積となる。
故に知らんぬ、賁豚は夏丙丁の日を以って之を得ることを。
此れ五積の要法なり。

難経(55)

五十五難日
病有積有聚。何以別之。
然。
積者。陰気也。聚者。陽気也。
故陰沈而伏。陽浮而動。
気之所積。名日積。気之所聚。名日聚。

積者。五臓所生。聚者。六腑所成也。
積者。陰気也。其始発有常處。其痛不離其部。上下有所終始。左右有所窮處。
聚者。陽気也。其始発無根本。上下無所留止。其痛無常處。謂之聚。
故以是別知積聚也。



五十五の難に曰く。
病に積あり、聚あり、何を以って之を別たん。
然るなり、
積は陰気なり、聚は陽気なり、
故に陰は沈んで伏し、陽は浮かんで動ず、気の積む所を名けて積と日い、気の聚る所を聚と日う。
故に積は五臓の生ずる所、聚は六腑の成す所なり。
積は陰気なり、其の始めて発する常の処有り、其の痛み、其の部を離れず、上下終始する所あり、左右窮る処の所あり。
聚は陽気なり、其の始めて発するに根本なし、上下留止する所なく、其の痛み、常の処なし、之を聚と謂う。
故に是を以って積聚を別ち知るなり。

難経(54)

五十四難日。
臓病難治。腑病易治。何謂也。
然。
臓病所以難治者。傳其所勝也。
腑病易治者。傳其子也。
與七傳間臓同法也。



五十四の難に曰く。
臓病は治し難く、腑病は治し易し、とは何の謂いぞや。
然るなり。
臓病の治し難き所以のものは、其の勝つ所に傳うなり。
腑病の治し易きは、其の子に傳うるなり。
七傳間臓と法を同じくするなり。

難経(53)

五十三難日。
経言。
七傳者死。間臓者生。何謂也。
然。
七傳者。傳其所勝也。間臓者。傳其子也。
何以言之。
仮令心病傳肺。肺傳肝。肝傳脾。脾傳腎。腎傳心。一臓不再傷。故言七傳者死也。
間臓者。傳其所生也。
仮令心病傳脾。脾傳肺。肺傳腎。腎傳心。是母子相傳。竟而復始。如環之無端。故言生也。



五十三の難に曰く。
経に言う。
七傳の者は死し、間臓の者はくとは何の謂いぞや。
然るなり。
七傳は其の勝つ所に傳え、間臓は其の子に傳うるなり。
何を以って之を言えば、
仮令えば、心病肺に傳え、肺肝に傳え、肝脾に傳え、脾腎に傳え、腎心に傳う。
一臓再び傷れず、故に七傳の者は死すと言うなり。
仮令えば、心病脾に傳え、脾肺に傳え、肺腎に傳え、腎肝に傳え、肝心に傳う。
是れ子母相傳えて寛りて、復た始まる。
環の端無きが如し、故に生くと日うなり。

難経(52)

五十二難日。
腑臓発病。根本等不。
然。
不等也。
其不等奈何。
然。
臓病者。止而不移。其病不離其處。
腑病者。彷彿賁嚮。上下行流。居處無常。
故以此知臓腑根本不同也。



五十二の難に曰く。
臓腑の病を発する根本、等しきや否や。
然るなり。
等しからず。奈何。
然るなり。
臓病は止って移らず。其の病、其の処を離れず。
腑病は彷彿賁嚮し、上下行流し、居處常無し。
故に此れを以って臓腑根本の同じからざるを知るなり。

難経(51)

五十一難日。
病有欲得温者。有欲得寒者。
有欲得見人者。有不欲得見人者。
而各不同。
病在何臓腑也。
然。
病欲得寒。而欲見人者。病在腑也。
病欲得温。而不欲得見人者。病在臓也。
何以言之。
腑者陽也。陽病欲得寒。又欲見人。
臓者陰也。陰病欲得温。又欲閉戸独處。悪聞人声。
故以別知臓腑之病也。


五十一難に曰く。
病に温を得んと欲くするものあり、寒を得んと欲くするものあり、
人を見るを得んと欲するものあり、人を見るを得んと欲せざるものあり、
而して各々同じからず、
病は何れの臓腑のあるや。
然るなり。
病寒を得るを欲して、而して人を見るを得んと欲する者は腑病にあり、
病温を得るを欲して、而して人を見るを得んと欲せざる者は臓病にあるなり。
何を以って之を言う。
腑は陽なり、陽病は寒を得るを欲し、また人を見るを欲す。
臓は陰なり、陰病は温を得るを欲し、また戸を閉じて独り處るを欲し、人の声を聞くことを悪む。
故に以って臓腑の病を別ち知るなり。

難経(50)

難経五十難日。
病有虚邪。有実邪。有賊邪。有微邪。有正邪。
何以別之。
然。
従後来者。為虚邪。従前来者。為実邪。従所不勝来者。為賊邪。従所勝来者。為微邪。
自病者。為正邪。
何以言之。仮令心病。中風得之。為虚邪。傷暑得之。為正邪。飲食労倦得之。為実邪。
傷寒得之。為微邪。中湿得之。為賊邪。


五十難に曰く。
病に虚邪あり、実邪あり、賊邪あり、微邪あり、正邪あり、
何を以って之を別たん。
然るなり。
後より来るものを虚邪となし、
前より来るものを実邪となし、
勝たざる所より来るものを賊邪となし、
勝つ所より来るものを微邪となし、
自ら病むものを正邪となす。
何を以って之を言えば、
仮令えば心病、
中風より之を得るを虚邪となし、
傷暑より之を得るを正邪となし、
飲食労倦より之を得るを 微邪となし、
傷寒より之を得るを微邪となし、
中湿より之を得るを賊邪となる。


この文章はゆっくり堂鍼灸院・山口一誠先生の難経ポイントを参考にしています。

難経(49)

四十九難日。
有正経自病。有五邪所傷。何以別之。
然。
経言。
憂愁思慮則傷心。形寒飲冷則傷肺。恚怒気逆。上而不下。則傷肝。飲食労倦。則傷脾。
久坐湿地。強力入水。則傷腎。是正経之自病也。
何謂五邪。
然。
有中風。有傷暑。有飲食労倦。有傷寒。有中湿。此之謂五邪。
仮令心病。何以知中風得之。
然。
其色当赤。何以言之。肝主色。自入為青。入心為赤。入脾為黄。入肺為白。入腎為黒。
肝為心邪。故知当赤色也。其病身熱。脇下満痛。其脈浮大而弦。
何以知傷暑得之。
然。
当悪臭。何以言之。心主臭。自入為焦臭。入脾為香臭。入肝為臊臭。入腎為腐臭。入肺為腥臭。
故知心病傷暑得之也。当悪臭。其病身熱而煩。心痛。其脈浮大而散。
何以知飲食労倦得之。
然。
当喜苦味也。虚為不欲食。実為欲食。何以言之。脾主味。入肝為酸。入心為苦。入肺為辛。入腎為鹹。自入為甘。故知脾邪入心。為喜苦也。其病身熱。而体重嗜臥。四肢不収。其脈不大而緩。
何以知傷寒得之。
然。
当譫言妄語。何以言之。肺主声。入肝為呼。入心為言。入脾為歌。入腎為呻。自入為哭。故知肺邪入心。為譫言妄語也。其病身熱。酒酒悪寒。甚則喘欬。其脈浮大而濇。
何以知中湿得之。
然。
当喜汗出不可止。何以言之。腎主液。入肝為泣。入心為汗。入脾為涎。入肺為涕。自入為唾。
故知腎邪入心。為汗出不可止也。其病身熱。而小腹痛。足脛寒而逆。其脈沈濡而大。
此五邪之法也。



四十九難に曰く。
正経自から病むことあり、五邪に傷るる所あり。何を以って之を別たん。
然るなり。
経に言う。
憂愁思慮すれば心を傷る。形寒え冷飲すれば肺を傷る。恚怒して気逆上し、下らざれば肝を傷る。飲食労倦すれば脾を傷る。是れ正経の自病なり。

何をか五邪を謂うや。
然るなり。
中風あり、傷暑あり、飲食労倦あり、傷寒あり、中湿ある。此れを五邪と謂う。

仮令心病何を以って中風に之を得ることを知らん。
然るなり。
其の色当に赤なるべし、何を以って之を言うべし、肝は色を主る。
自から肝に入れば青をなし、心に入れば赤をなし、脾に入れば黄をなし、
肺に入れば白をなし、腎に入れば黒をなす。
肝は心の邪をなす。故に知らん当に赤色なるべし。
其の病は身熱し、脇の下が満ち痛み、其の脈は浮大にして弦なり。

何を以ってか傷暑に之を得ることを知らん。
然るなり。
当に臭いを悪むべし、何を以って之を言う。
心は臭を主る。
自ら心に入れば焦臭となり、脾に入れば香臭となり、肝に入れば臊臭となり、
腎に入れば腐臭となり、肺に入れば腥臭となる。
故に知らん心病に傷暑之を得れば当に臭を悪むべし。
其の病、身熱して煩しく、心痛する。
其の脈は浮大にして散。

何を以ってか飲食労倦より之を得るを知らん。
然るなり。
当に苦味を喜むなり。
虚するときには食を欲せず、実するときには食を欲することをなす。
何を以って之を言う、脾は味を主る。
肝に入りては酸となり、心に入りては苦となり、肺に入りては辛となり、腎に入りては鹹となり、自ら脾に入りては甘きことをなす。
故に知らん、脾邪心に入りて、苦味を喜むことをなすなり。其の病、熱して體重く臥すことを嗜み、四肢収らず、其の脈は浮大にして緩なり。

何を以ってか傷寒より之を得るを知らん。
然るなり。
当に譫言妄語すべし、何を以って之を言う。
肺は声を主る。
肝に入りては呼ことをなし、心に入りては言うことをなし、脾に入りては歌うことをなし、腎に入りては呻くことをなし、自ら肺に入りては哭くことをなし、故に知らん、肺の邪心に入りては譫言妄語をなすことを。
其の心の病、身熱して洒洒として悪寒し、甚だしきは喘欬す。
その時の心の病の脈浮大にして濇なり。

何を以ってか中湿より之を得るを知らん。
然るなり。
当に汗出で、止まざるべし。何を以って之を言う。
腎は湿を主る。
肝に入りては泣をなし、心に入りては汗をなし、脾に入りては涎をなし、肺に入りては涕をなし、自ら腎に入りては唾をなす。
故に知らんぬ、腎の邪、心に入りては汗をなし、汗出でやむべからず。
其の心の病、身熱して小腹痛み、足脛寒え逆す。
其の脈、沈濡にして大なり。

此れ五邪の法なり。

難経(48)

四十八難日。
人有三虚三実。何謂也。
然。
有脈之虚実。有病之虚実。有診之虚実也。
脈之虚実者。濡者為虚。緊牢者為実。
病之虚実者。出者為虚。入者為実。
言者為虚。不言者為実。
緩者為虚。急者為実。
診之虚実者。濡者為虚。牢者為実。
癢者為虚。痛者為実。
外痛内快。為外実内虚。内痛外快。為内実害虚。
故日。虚実也。



四十八の難に曰く。
人に三虚三実有りとは何の謂いぞや。
然るなり。
脈之虚実有り、病の虚実有り、診の虚実有るなり。
脈の虚実は、濡なるものを虚となし、緊牢なるものを実を為す。
病状の虚実とは、出るものを虚と為し、入るものを実と為す。
言うものを虚となし、言わざるものを実と為す。
緩なるものを虚と為し、急なるものを実と為す。
診の虚実は濡なるものを虚と為し、牢なるものを実と為す。
痒きものを虚と為し、痛むものを実と為す。
外痛み内快きを外実内虚となし、内痛み外快きを内実外虚となす。
故に虚実と日う。
プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。