FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難経(16)続き

十六の難に曰く。
脈に三部九あり、陰陽あり、軽重あり、一脈変じて四時となる。
聖を離るること久遠、各自是れ其の法、何を以ってか之を別たん。
然るなり。
是其の病、内外の証あり、其の病之をなすこといかん。
然るなり。

假令えば、肝脈をえて、
其の外証は、潔きことを善み、面青く怒ることを善む。
其の内証は、臍の左に動気あり、これを按せば牢くして、若しくは痛む。
其の病い四肢に満ち、閉淋して溲便難しく、転筋す。
是れあるものは肝なり、是れ無きものは非ずなり。

假令えば、心脈をえて
其の外証は、面赤く、口乾き、笑うこと喜む。
其の内証は、臍の上に動気あり、之を按せば牢くして、若しくは痛む。
其の病い、煩心、心痛、掌中熱して啘す。
是れあるものは心なり、是れ無きものは非なり。

假令えば、脾脈をえて、
其の外証は、面黄ばみ、噫することを善み、思うこと善み、味を善む。
其の内証は、臍に当たって動気あり、之を按せば牢くして、若しくは痛む。
其の病い、腹脹満し、食消せず、體重く、節痛み、怠惰、臥しことを嗜み、四肢収まらず。
是れあるものは脾なり、是れ無きものは非なり。

假令えば、肺脈をえて、
其の外証は、面白く、嚔善み、悲愁して楽しまず、哭せんと欲す。
其の内証は、臍の右に動気あり、之を按せば牢くして、若しくは痛む。
その病い、喘欬し、洒淅として寒熱す。
是れあるものは肺なり、是れ無きものは非なり。

假令えば、腎脈をえて、
其の外証は、面黒く、喜んで恐れ、欠す。
其の内証は、臍の下に動気あり、之を按せば牢くして、若しくは痛む。
其の病い、逆気し、少腹急痛し、泄して、しかも下重し、足脛寒えて逆す。
是れあるものは腎なり、是れ無きものは非なり。
スポンサーサイト

難経(16)

十六難日。
脈有三部九候。有陰陽。有軽重。有六十首。一脈変為四時。
離聖久遠。各自是其法。何以別之。
然。
是其病。有内外證。
其病為之奈何。
然。
假令得肝脈。
其外證。善潔。面青善怒。
其内證。臍左有動気。按之牢若痛。
其病四肢満。閉癃溲便難。轉筋。
有是者肝也。無是者非也。
假令得心脈。
其外證。面赤。口乾。喜笑。
其内證。臍上有動気。按之牢若痛。
其病煩心。心痛。掌中熱而啘。
有是者心也。無是者非也。
假令得脾脈。
其外證。面黄。善噫。善思。良味。
其内證。当臍有動気。按之牢若痛。
其病腹張満。食不消。体重節痛。怠惰嗜臥。四肢不収。
有是者脾也。無是者非也。
假令得肺脈。
其外證。面白善嚔。非愁不楽。欲哭。
其内證。臍右有動気。按之牢若痛。
其病喘咳。洒淅寒熱。
有是者肺也。無是者非也。
假令得腎脈。
其外證。面黒。喜恐。欠。
其内證。臍下有動気。按之牢若痛。
其病逆気。少腹急痛。泄如下重。足脛寒而逆。
有是者腎也。無是者非也。

難経(15)続き

十五の難に曰く。

経に言う。

春の脈は弦、夏の脈は鉤、秋の脈は毛、冬の脈は石、是れ王脈なりや、將また病脈なりや。

然るなり。

弦鉤毛石は、四時の脈なり。

春の弦脈とは、肝は東方の木なり。万物始めて生じ、未だ枝葉あらず、
故に其の脈来ること、濡弱にして長、故に弦と日う。

夏の脈は鉤とは、心は南方の火なり、万物の盛なる所、枝を垂れ葉を布き、
皆下り曲がりて鉤の如し、故に其の脈来ること疾く去ること遅し、故に鉤と日う。

秋の脈は毛とは、肺は西方の金なり、万物の終る所、草木の華葉皆秋にして落つ、
其の枝独り在って毫毛の如きなり、故に其の脈来ること、軽虚にして以って浮、故に毛と日う。

冬の脈は石とは、腎は北方の水なり、万物の蔵す所なり、盛なる冬の時に、水凝って石の如し、
故に其の脈来ること、沈濡にして滑、故に石と日う。此れ四時の脈なり。

もし変化あらばいかん。

然るなり。

春の脈は弦、反するものは病となす。
何をか反と謂う。
然るなり。
其の気来ること実強、是を太過と謂う、病外に在り。
気来ることを虚微、是を不及と謂う、病内に在り。
気来ること厭厭聶聶として楡の葉を循るが如しを平と日う。
益々実にして滑、長き竿を循るが如しを病と日う。
急にして勁益々強く、新に張る弓の弦の如きを死と日う。
春の脈微弦なるを平と日い、弦多く胃気少なきを病と日う。但弦にして胃気無きを死と日う。
春も胃気を以って本となす。

夏の脈は鉤、反するものは病となす。
何をか反と謂う。
然るなり。
その気来ること実強、是を太過と謂う、病外に在り。
気来ること虚微、是を不及と謂う、病内に在り。
その気来ること累々として環の如く、琅玕を循るが如くを平と日う。
来って益々数、鶏の足を挙ぐるが如きものを病と日う。
前曲り後居して、帯鈎操るが如きを死と日う。
夏の脈は微鈎なるを平と日い、鈎多く胃気少なきを病と日う。但鈎にして胃気無きを死と日う。
夏も胃気を以って本となす。

秋の脈は微毛、反するものは病となす。
何をか反と謂う。
然るなり。
其の気来ること実強、是を太過と謂う。病外に在り。
気来ること虚微、是を不及と謂う。病内に在り。
其の気来ること藹藹として車蓋の如く、之を按せば益々大なるを平と日う。
上がらず下らず、鶏羽を循るが如くを病と日う。
之を按せば消索として、風の毛を吹くが如きを死と日う。
秋の脈は微毛を平となし、毛多く胃気少なきを病と日う。但毛にして胃気無きを死と日う。
秋も胃気を以って本となす。

冬の脈は石、反するものは病となす。
何をか反と謂う。
然るなり。
其の気来ること実強、是を太過と謂う、病外に在り。
気来ること虚微、是を不及を謂う、病内に在り。
脈来ること上大下兌、濡滑にして雀の啄むが如きを平と日う。
啄啄として連属そ、其の中微しき曲るを病と日う。
来ること索を解くが如く、去こと石を弾くが如きを死と日う。
冬の脈は微石を平と日い、石多く胃気少なきを病と日い、但石にして胃気無きを死と日う。
冬も胃気を以って本となす。

胃は水穀の海なり、四時を稟ることを主る。
故に皆な胃気を以って本となす。
是れ謂る四時の病変、死生の要会なり。

脾は中州なり、其の平和得て見るべからず、衰えて乃ち見るのみ、
来ること雀の啄むが如く、水の下り漏るが如き、是れ脾の衰えて見るなり。

難経(15)

十五難日。
経日。
春脈弦。夏脈鉤。秋脈毛。冬脈石。是王脈耶。將病脈也。
然。
弦鉤毛石者。四時之脈也。
春脈弦者。肝東方木也。万物始生。未有枝葉。故其脈之來。濡弱而長。故日弦。
夏脈鉤者。心南方火也。万物之所盛。垂枝布葉。皆下曲如鉤。故其脈之來疾去遅。故日鉤。
秋脈毛者。肺西方金也。万物之所終。草木華葉。皆秋而落。其枝獨在若毫毛也。故其脈之來。軽虚以浮。故日毛。
冬脈石者。腎北方水也。万物之所臓也。盛冬之時。水凝如石。故其脈之來。沈濡而滑。故日石。
此四時之脈也。
如有變奈何。
然。
春脈弦。反者為病。何謂反。
然。
其気來実強。是謂太過。病在外。
気來虚微。是謂不及。病在内。
気來厭厭聶聶。如循楡葉。日平。
益実而滑。如循長竿。日病。
急而勁益強。如新張弓弦。日死。
春脈微弦。日平。弦多胃氣少。日病。但弦無胃氣。日死。春以胃氣為本。
夏脈鉤。反者為病。何謂反。
然。
其氣來実強。是謂太過。病在外。
氣來虚微。是謂不及。病在内。
其脈來累累如環。如循琅玕。日平。
來而益数。如鶏挙足者。日病。
前曲後居。如操帯鉤。日死。
夏脈微鉤。日平。鉤多胃気少。日病。但鉤無胃気。日死。夏以胃気為本。
秋脈微毛。反者為病。何謂反。
然。
気來実強。是謂太過。病在外。
気來虚微。是謂不及。病在内。
其脈來藹藹如車蓋。按之益大。日平。
不上不下。如循鶏羽。日病。
按之消索。如風吹毛。日死。
秋脈微毛。為平。毛多胃気少。日病。但毛無胃気。日死。秋以胃気為本。
冬脈石。反者為病。何謂反。
然。
其気來実強。是謂太過。病在外。
気來虚微。是謂不及。病在内。
脈來上大下兌。濡滑如雀之啄。日平。
啄啄連属。其中微曲。日病。
來如解索。去如弾石。日死。
冬脈微石。日平。石多胃気少。日病。但石無胃気。日死。冬以胃気為本。
胃者。水穀之海也。主稟。
四時故皆以胃気為本。是謂四時之変病。死生之要会也。
脾者。中州也。其平和不可得見。衰乃見耳。
來如雀之啄。如水之下漏。是脾之衰見也。


とりあえず原文だけアップ(汗)
次回に訓読あげます。(つД`)ノ

ふうε-(´∀`; )

十四難の内容を書くのに大分時間がかかってしまった(;´・ω・)
途中コピペしてしまおうか本気で考えてしまったが、それじゃあ意味が無いので何とか書ききることができてホッとしてます(^◇^;)
とにかく更新が遅くても、時間がかかっても八十一難まではやり切る(๑و•̀ω•́)و

他にも書きたいことは山のようにあるので地道にやっていくのみ‼️

難経(14)

十四難曰。
脈有損至。何謂也。

然。
至之脈。一呼再至日平。三至日離経。四至日奪精。五至日死。六至日命絶。此至之脈也。
何謂損。一呼一至日離経。二呼一至日奪精。三呼一至日死。四呼一至日命絶。此謂損之脈也。
至脈従下上。損脈従上下也。
損脈之為病。奈何。
然。
一損損於皮毛。皮聚而毛落。
二損損於血脈。血脈虚少。不能栄於五臓六腑也。
三損損於肌肉。肌肉消痩。飲食不為肌膚。
四損損於筋。筋緩不能自収持也。
五損損於骨。骨痿不能起於牀。
反此者至於収病也。
従上下者。骨痿不能起於牀者死。
従下上者。皮聚而毛落者死。
治損之法奈何。
然。
損其肺者。益其気。
損其心者。調其栄衛。
損其脾者。調其飲食。適其寒温。
損其肝者。緩其中。
損其腎者。益其精。
此治損之法也。

有一呼再至。一吸再至。
有一呼三至。一吸三至。
有一呼四至。一吸四至。
有一呼五至。一吸五至。
有一呼六至。一吸六至。
有一呼一至。一吸一至。
有再呼再至。再吸一至。
有呼吸再至。
脈来如此。何以別知其病也。
然。
脈来一呼再至。一吸再至。不大不小。日平。
一呼三至。一吸三至。為適得病。前大後小。即頭痛目眩。前小後大。即胸満短気。
一呼四至。一吸四至。病欲甚。脈洪大者。苦煩満。沈細者。腹中痛。滑者傷熱。濇者中霧露。
一呼五至。一吸五至。其人当困。沈細夜加。浮大昼加。不大不小。雖困可治。其有大小者。為難治。
一呼六至。一吸六至。為死脈也。沈細夜死。浮大昼死。
一呼一至。一吸一至。名日損。人雖能行。猶当著牀。所以然者。血気皆不足故也。
再呼一至。再吸一至。名日無魂。無魂者当死也。人雖能行。名日行尸。
上部有脈。下部無脈。其人当吐。不吐者死。
上部無脈。下部有脈。雖困無能為害也。
所以然者。譬如人之有尺。樹之有根。枝葉雖枯槁。根本將自生。
脈有根本。人有元気。故知不死。


十四難に曰く。
脈に損至ありとは、何の謂ぞや。
然るなり。
至の脈は、一呼に再至を平と曰い、三至を離経と日い、四至を奪精と日い、五至を死と日い、六至を命絶と日う。
此れ至の脈なり。
何をか損と謂う、一呼一至を離経と日い、二呼一至を奪精と日い、三呼一至を死と日い、四呼一至を命絶と日う。
此れ損脈の謂いなり。
至脈は下より上り、損脈は上より下るなり。
損脈の病たること、いかん。
然るなり。
一損は皮毛を損す、皮聚って毛落つ。
二損は血脈を損す、血脈虚少にして、五臓六腑を栄すること能わず。
三損は肌肉を損す、肌肉消痩して、飲食も肌膚の為ならず。
四損は筋を損す、筋緩んで自ら収持すること能わず。
五損は骨を損す、骨痿えて床に起こと能わず。
此れに反する者は至脈の病なり。
上より下る者は、骨痿えて床に起つこと能わざる者は死す。
下より上る者は、皮聚って毛落つ者は死す。
損を治するの法いかに。
然るなり。
其の肺を損する者は、其の気を益す。
其の心を損する者は、其の栄衛を調える。
其の脾を損する者は、其の飲食を調え、其の寒温に適う。
其の肝を損する者は、其の中を緩くす。
其の腎を損する者は、其の精を益す。
此れ損を治するの法なり。
脈に、一呼再至、一吸再至あり。一呼三至、一吸三至あり。一呼四至、一吸四至あり、
一呼五至、一吸五至あり。一呼六至、一吸六至あり。一呼一至、一吸一至あり。
再呼一至、再吸一至あり。呼吸再至あり。
脈来ることこの如き、何を以ってか其の病を別ち知らん。
然るなり。
脈来ること一呼に再至、一吸に再至、大ならず小ならず、平と日う。
一呼に三至、一吸に三至、適めて病を得るとなす。
前大、後少なるは、即ち頭痛目眩。前小後大は、即ち胸満短気。
一呼に四至、一吸に四至は、病甚だしからんと浴す。
脈洪大なる者は、煩満を苦しむ。脈沈細なる者は、腹中痛む。
脈滑なる者は、熱に傷れ、脈濇なる者は、霧露に中たるる。
一呼に五至、一吸に五至、其の人当に困すべし、
沈細なる者は夜加わり、浮大なる者は昼加わる、大ならず小ならずは、困すと雖も治すべし、
其の大小ある者は、治し難し。
一呼に六至、一吸に六至は、死脈となすなり。沈細なる者は夜死し、浮大なる者は昼死す。
一呼一至、一吸一至、名日損。
人能く行くと雖も、猶当に床に着くべし。
然る所以の者は、血気皆不足するが故なり。
再呼に一至、再吸に一至、名付けて無魂と日う。
無魂の者は当に死すべし、人能く行くと雖も、名付けて行尸と日う。
上部に脈有り、下部に脈無きは、其の人当に吐くべし、吐かざる者は死す。
上部に脈無く、下部に脈有るは、困すると雖も能く害をなすことなし。
然る所以の者は、例えば人に尺有れば、樹の根あるが如し、
枝葉枯槁すと雖も、根本將に自ら生きんとす。
脈に根本有るは、人に元気あり、故に知らぬ死せざることを。
プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。