FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難経(13)

十三難曰。
経言。
見其色而不得其脈。反得相勝之脈者。即死。得相生之脈者。病即自已。
色之與脉。当参相応。為之奈何。

然。
五臓有五色。皆見於面。亦與寸口尺内相応。
仮令。
色青、其脈当弦而急。
色赤、其脈浮大而散。
色黄、其脈中緩而大。
色白、其脈浮濇而短。
色黒、其脈沈濡而滑。
此所謂五色之與脈。当参相応也。
脈数、尺之皮膚亦数。
脈急、尺之皮膚亦急。
脈緩、尺之皮膚亦緩。
脈濇、尺之皮膚亦濇。
脈滑、尺之皮膚亦滑。
五臓各有声色臭味、当與寸口尺内相応、其不相応者病也。
仮令。
色青。其脈浮濇而短、若大而緩、為相勝。
浮大而散、若小而滑、為相生也。
経言。
知一為下工、知二為中工、知三為上工。
上工者十全九、中工者十全八、下工者十全六。
此之謂也。


十三難に曰く。
経に言う。
其の色を見して其の脈を得ず。
反って相勝の脈を得る者は、即ち死し。
相生の脈を得る者は、病自ら已ゆ。
色と脈、当に参えて相応すべし、之を成すこといかん。

然るなり。
五臓に五色あって、皆面に見わる、亦、当に寸口は尺内と相応すべし。

仮令えば、
色青きは、其の脈当に弦にして急なるべし。
色赤きは、其の脈浮大にして散。
色黄きは、其の脈中緩にして大。
色白きは、其の脈浮濇にして短。
色黒きは、其の脈沈濡にして滑。
此れいわゆる五色と五脈と、正に参えて相応すべくなり。
脈数なれば、尺の皮膚も亦数。
脈急なれば、尺の皮膚も亦急。
脈緩なれば、尺の皮膚も亦緩。
脈濇なれば、尺の皮膚も亦濇。
脈滑なれば、尺の皮膚も亦滑。
五臓各々声、色、臭、味あり、当に寸口尺内と相応すべし、其の応ぜざる者は病むなり。
仮令えば、
色青き、其の脈浮濇にして短、若しくは大にして緩は、相勝となす。
浮大にして散、若しくは小にして滑は、相生となすなり。
経に言う。
一を知るを下工となし、二を知るを中工となし、三を知るを上工となす。
上工は十に九を全うし、中工は十に八を全うし、下工は十に六を全うする。
此れ之の謂なり。













スポンサーサイト

難経(12)

十二難曰、
経言、
五臓脈已絶於内、用鍼者反実基外。
五臓脈已絶於外、用鍼者反実基内。
内外之絶、何以別之。

然。
五臓脈已絶於内者、腎肝気已絶於内也、而医反補其心肺。
五臓脈已絶於外者、其心肺脈已絶於外也、而医反補其腎肝。
陽絶補陰、陰絶補陽、是謂実実虚虚、損不足益有余。
如此死者、医殺之耳。


十二難に曰く。
経に言う。
五臓の脈已に内に絶するに、鍼を用うる者反ってその外を実する。
五臓の脈已に外に絶するに、鍼を用うる者反ってその内を実する。
内外の絶は、何を以ってか之を別たん。

然るなり。
五臓の脈已に内に絶すとは、腎肝の気已に内に絶するなり。而るを医反ってその心肺を補う。
五臓の脈已に外に絶すとは、其の心肺の脈已に外に絶するなり。而るを医反ってその腎肝を補う。
陽絶して陰を補い、陰絶して陽を補う、是を実実虚虚と謂い、不足を損じ有余を益すと謂う。
此の如くして死する者は、医之を殺すのみ。


難経(11)

十一難曰、
経言
脈不満五十動而一止、一臓無気者、何臓也。

然、
人吸者随陰入、呼者因陽出。
今吸不能至腎、至肝而還、故知一臓無気者、腎気先盡也。


十一の難に曰く、
経に言う
脈五十動に満たずして一止するは、一臓に気無しとは、何れの臓ぞや。

然るなり、
人の吸は陰に随って入り、呼は陽に因って出づ。
今、吸して腎に至ること能わず、肝に至って還る。
故に知らぬ一臓気無きものは、腎気先づ尽きるなり。

難経(10)

十難曰、
一脈為十変者、何謂也。
然、
五邪剛柔相逢之意也。
仮令
心脈急甚者、肝邪干心也。
心脈微急者、胆邪干小腸也。
心脈大甚者、心邪自干心也。
心脈微大者、小腸邪自干小腸也。
心脈緩甚者、脾邪干心也。
心脈微大者、胃邪干小腸也。
心脈濇甚者、肺邪干心也。
心脈微濇者、大腸邪干小腸也。
心脈沈甚者、腎邪干心也。
心脈微沈者、膀胱邪干小腸也。
五臓各有剛柔邪、故令一五輒変為十也。


十の難に曰く、
一脈十変を為すとは、何の謂いぞや。

然るなり、
五邪剛柔相い逢うの意なり。
仮令
心の脈急甚は、肝の邪が心を干すなり。
心の脈微急は、胆の邪が小腸を干すなり。
心の脈大甚は、心の邪が自ら心を干すなり。
心の脈微大は、小腸の邪が小腸を干すなり。
心の脈緩甚は、脾の邪が心を干すなり。
心の脈微大は、胃の邪が小腸を干すなり。
心の脈濇甚は、肺の邪が心を干すなり。
心の脈微濇は、大腸の邪が小腸を干すなり。
心の脈沈甚は、腎の邪が心を干すなり。
心の脈微沈は、膀胱の邪が小腸を干すなり。
五臓に各々剛柔の邪あり、
故に一脈をしてすなわち変じて十をなさしむるなり。



難経(9)

九難曰、
何以別知臓腑之病邪。

然、
数者腑也、遅者臓也、数則為熱、遅則為寒、諸陽為熱、諸陰為寒、
故以別知臓腑之病也。



九の難に曰く、
何を以ってか臓腑の病を別ち知るや。

然るなり、
遅は臓なり、遅は則ち寒となし、諸陰を寒をなす。
数は腑なり、数は則ち熱となし、諸陽を熱となす。
故に臓腑の病を別ち知るなり。

難経(8)

八難曰、
寸口脈平而死者、何謂也。

然、
諸十二経脈者、皆係於生気之原。
所謂生気之原者、謂十二経之根本也、謂腎間動気也。
此五臓六腑之本、十二経脈之根、呼吸之門、三焦之原、
一名守邪之神。
故気者人之根本也。根絶則茎葉枯矣。
寸口脈平而死者、生気獨絶於内也。



八の難に曰く、
寸口の脈平にして死する者は何の謂ぞや。

然るなり、
諸々十二経脈は生気の原に係わる。
いわゆる生気の原とは、謂る十二経の根本なり。腎間の動気を謂うなり。
これを五臓六腑の本、十二経脈の根、呼吸の門、三焦の原、
一には守邪の神と名づく。
故に気は人の根本なり。根絶すれば則ち茎葉枯る。
寸口の脈平にして死する者は、生気独り内に絶すなり。

難経(7)続き

七の難に曰く、

経に言う、
少陽の至る乍大、乍小、乍短、乍長、
陽明の至る、浮大にして短、
太陽の至る、洪大にして長、
太陰の至る、緊大にして長、
少陰の至る、緊細にして微、
厥陰の至る、沈短にして敦、
此の六つのものは是れ平脈なりや、将た病脈なりや。
然るなり、
皆王脈なり。
其の気何月を以て各々王すること幾日ぞや。
然るなり、
冬至の後、甲子を得て少陽王ず。
復た甲子を得て陽明王ず。
復た甲子を得て太陽王ず。
復た甲子を得て太陰王ず。
復た甲子を得て少陰王ず。
復た甲子を得て厥陰王ず。
王ずること各六十日、六六、三百六十日以って一歳と成す。
此れ三陽三陰の王ずる時日の大要なり。

難経(7)

七難曰。

経、
少陽之至、乍大乍小、乍短乍長、
陽明之至、浮大而短、
太陽之至、洪大而長、
太陰之至、緊大而長、
少陰之至、緊細而微、
厥陰之至、沈短而敦、
此六者、是平脈、將病脈耶。

然、
皆王脈也。
其氣以何月各王幾日。
然、
冬至之後、得甲子少陽王。
復得甲子陽明王。
復得甲子太陽王。
復得甲子太陰王。
復得甲子少陰王。
復得甲子厥陰王。
王各六十日、六六三百六十日、以成一歳。
此三陽三陰之王時日大要也。



今日は原文のみです。

難経(6)

六難曰。

脈有陰盛陽虚、陽盛陰虚、何謂也。

然、

浮之損小、沈之実大、故曰陰盛陽虚。
沈之損小、浮之実大、故曰陽盛陰虚。
是陰陽虚実之意也。


六の難に曰く、

脈に陰盛陽虚、陽盛陰虚、有りとは何の謂いぞや。

然るなり、

之を浮かべて損小、之を沈めて実大、故に陰盛陽虚と曰う。
之を沈めて損小、之を浮かべて実大、故に陽盛陰虚と曰う。
之陰陽虚実の意なり。

難経(5)

五難日。

脈有軽重、何謂也。

然、初持脈、如三菽之重、興皮毛相得者、肺部也。
如六菽之重、興血脈相得者、心部也。
如九菽之重、興肌肉相得者、脾部也。
如十二菽之重、興筋平者、肝部也。
按之至骨、挙指来疾者、腎部也。
故曰軽重。



五の難に曰く、

脈に軽重ありとは何の謂いぞや。

然るなり、初めて脈を持するに三菽の重さの如く皮毛と相得るものは肺の部なり。
六菽の重さの如く血脈と相得るものは心の部なり。
九菽の重さの如く肌肉と相得るものは脾の部なり。
十二菽の重さの如く筋と平らかなるものは肝の部なり。
故に軽重と言うなり。

難経(4) 続き

四の難に曰く。

脈に陰陽の法ありとは何の謂ぞや。

然るなり、呼は心と肺とに出て、吸は腎と肝に入る。
呼吸の間に脾は穀味を受くるなり、其の脈、中にあり。
浮は陽なり、沈は陰なり、故に陰陽と曰うなり。
心肺は倶に浮なり、何を以って之を別たん。
然るなり、浮にして大散なるは心なり。浮にして短濇なるは肺なり。
腎肝は倶に沈なり、何を以って之を別たん。
然るなり、牢にして長らるは肝なり、之を按じて濡、指を挙ぐれば来たり、実するは腎なり。
脾は中州の故に其の脈、中にあり、是れ陰陽の法なり。
脈に一陰一陽、一陰二陽、一陰三陽、一陽一陰、一陽二陰、一陽三陰、あり。
此の如きことは、寸口に六脈倶に動くことあるや。
然るなり、此の如きことは六脈倶に動くことあるにあらざるなり。
いわゆる浮沈、長短、滑濇なり。
浮は陽なり、滑は陽なり、長は陽なり、沈は陰なり、短は陰なり、濇は陰なり。
一陰二陽とは脈来ること沈滑にして長なり。
一陰三陽とは脈来ること浮滑にして長、時に一沈するなり。
言う所の、一陽一陰とは、脈来ること浮にして濇なり。
一陽二陰とは脈来ること長にして沈濇なり。
一陽三陰は脈来ること沈濇にして短、時に一浮なるをいう。
各々その経の在る所をもって、病の逆順を名づくなり。

難経(4)

四難曰。

脈有陰陽之法、何謂也。

然、呼出心興肺、吸入腎興肝、呼吸之間、脾受穀味也、其脈在中。
浮者陽也、沈者陰也、故陰陽也。
心肺倶浮、何以別之。
然、浮而大散者、心而、浮而短濇者、肺也。
腎肝倶沈、何以別之、
然、牢而長者、肝也。
按之濡、挙指来賓者、腎也。
脾者中州、故其脈在中、之陰陽之法也。

有一陰一陽、一陰二陽、一陰三陽。
有一陽一陰、一陽二陰、一陽三陰。
如此之言、寸口有六脈倶動耶。
然、此言者、非有六脈倶動也、謂浮沈長短滑濇也。
浮者陽也、滑者陽也、長者陽也、沈者陰也、短者陰也、濇者陰也。
所謂
一陰一陽者.謂脉來沈而滑也.一陰二陽者.謂脉來沈滑而長也.
一陰三陽者.謂脉來浮滑而長.時一沈也.
所言
一陽一陰者.謂脉來浮而濇也.一陽二陰者.謂脉來長而沈濇也.
一陽三陰者.謂脉來沈濇而短.時一浮也.
各以其經所在.名病逆順也.

ちょっと時間がなくて今日は原文のみ(汗)

難経(3)

三難曰。

脈有大過、有不及、有陰陽相乗、有覆、有溢、有関、有格、何謂也。

然、関之前者、陽之動。
脈当見九分而浮。
過者、法曰大過、減者、法曰不及。
遂上魚為溢、為関外内格、此陰乗之脈也。
関以後者、陰之動也、脈当見一寸而沈。
過者、法曰大過、減者、法曰不及。
遂入尺為覆、為内関外格、此陽乗之脈也。
故曰覆溢、是其眞臓之脈、人不病而死也。


三難に曰く

脈に大過あり、不及あり、陰陽相乗あり、覆あり、溢あり、関あり、格あり、とは何の謂いぞや。

然るなり、

関の前は陽の動なり。
脈、当に九分に見れて浮なるべし。
過ぎたる者は法に大過と曰い、減たる者は法に不及と曰う。
遂みて魚に上るを溢と為し、外関内格となす、此れ陰乗の脈なり。
関以後は陰の動なり、脈当一寸に見れて沈なるべし。
過ぎたる者は法に大過と曰い、減たる者は法に不及と曰う。
遂んで尺に入るを覆となし、内関外格となす、此れ陽乗の脈なり。
故に覆溢と曰う、是れ其の眞臓の脈は、人病まざれど死す。

難経(2)

二難曰

脈有尺寸、何謂也。

然、尺寸者、脈之大要会也。
従関至尺、是尺内陰之所治也。
従関至魚際、是寸口内陽之所治也。
故分寸為尺、分尺為寸。
故陰得尺内一寸、得陽寸内九分。
尺寸終始一寸九分、故曰尺寸也。



二の難に曰く

脈に尺寸有りとは、何の謂ぞや。

然るなり、尺寸は脈の大要会也り。
関より尺に至って、是尺の内、陰の治まる所也り。
関より魚際に至って、是寸口の内、陽の治まる所也り。
故に寸を分かち尺と為し、尺を分かちて寸と為す。
故に陰は尺内一寸を得、陽は寸内九分を得る。
尺寸終始一寸九分、故に尺寸と曰う也り。

難経

一難曰。

十二経皆有動脈、獨取寸口、以決五臓六腑死生吉凶之法、何謂也。

然、寸口者、脈之大會、手太陰之脈動也。
人一呼脈行三寸、一吸脈行三寸、呼吸定息、脈行六寸。
人一日一夜、凡一萬三千五百息、脈行五十度、周於身、漏水下百刻。
栄衛行陽二十五度、行陰亦二十五度、為一周也。故五十度、復會於手太陰。
寸口者、五臓六腑之所終始、故法取於寸口也。


一難に曰く、

十二経皆動脈あり、独り寸口を取って、
以って五臓六腑死生吉凶を決すとは何の謂いぞや。

然るなり、
寸口は大会する、手の太陰肺経の動脈なり。
人は一呼に脈行くこと三寸、一吸に脈行くこと三寸、呼吸定息に脈行くこと六寸。
人は一日一夜に凡て一万三千五百息、脈行くこと五十度にして、身を周る、漏水下がること百刻。
栄衛陽行くこと二十五度、陰に行くことも亦二十五度、一周と為すなり。
故に五十度にして、また手の太陰に会す。
寸口は、五臓六腑の終始する所、故に法を寸口に取るなり。


この文章はゆっくり堂鍼灸院・山口一誠先生の難経ポイントを参考にしています。
プロフィール

みらいつぼ

Author:みらいつぼ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。